つたわらないこと

あまりこのブログでは話題に上げないが、わしもそれなりにテレビゲームというものが好きである。
ただ、わしは色んなソフトをいくつも買って楽しむタイプではなく、一本のソフトを長く楽しもうとするタイプなので、実際にプレイしたソフトの本数は、「そんなにゲームに興味ない、話題になったものをやる程度」という人よりもあるいは少ないかもしれない。安上がりといえば安上がりである。
そんなやりこみ派(一応)のお気に入りゲームの一つに「クレイジータクシー」というゲームシリーズがある。
このゲームは、プレイヤーがタクシーの運転手になって、制限時間内にどれだけお客さんを運び、運賃を稼げるかを楽しむゲームである。これだけ聞くと「クレイジー」の要素に欠ける様に思われるが、ちゃんとクレイジーなゲームである(何が「ちゃんと」なんだ)。
このタクシー、正直交通ルールなんて完全にすっ飛ばしている。歩道をぶっち切ることもあれば、「ダイハード3」よろしく公園の中を突撃。時には地下鉄の線路の上を爆走しまくるという、「早く客を届けるために、可能な限りのあらゆる最短コースを爆走する」ゲームなのだ。公園や歩道にはもちろん歩行者(あるいはタクシーを捕まえようとする客)がいるがお構いなし、彼らは轢かれそうになるとぎりぎりで避けてくれる。
運転手(プレイヤー)だけでなく客もクレイジーで、ドリフトや大ジャンプをやらかすと歓声を上げ、対向車線を走ってようがニアミスぎりぎりの走りを見せても大喜び。チップを弾んでくれるのだ。また、BGMのOFFSPRINGSの「ALL I WANT」もぶっちぎれていて、ゲームをがんがん盛り上げてくれる。いい意味でのバカがはじけているゲームなのだ。
この「クレイジータクシー」、わしがやったのはPS2版で出ている1作目しかプレイしていないのだが、ドリームキャストで「2」が、X-BOXで「3」が出ている。しかし、さすがにそれだけのために新しいゲームハードを買う気はしない。PS2でせめて「2」だけでも出ないものだろうか。
 

まあ、そんな聞き入れられることのない願望はどうでもいい。問題はこのゲームが面白いと友人に主張したのちの話である。
わしもの持ってきた「クレタク」を友人宅でプレイしたときのことだ。その際、友人は二人いて二人が二人とも、このゲームの面白さを理解し、楽しんでくれた。最も「クレタク」は結構難易度の高いゲームで、エンディング画面を見られるようになれるほど上達するには相当のプレイ回数が要求され、初見のプレイでは一回のプレイで2分と持たないのだが(慣れると40分以上タイムオーバーにならずにゲームを続けられる。テンションと集中力を維持するのはきついが)。
で、わしはこの友人達にクレイジーさを伝道できてよかったと思っていたのだが、後日、友人が何の気なしにめくっていたゲーム雑誌の一ページをわしに見せてきた。
「このゲーム、あんさんが好きそうでんな」と。
そのページに書かれていたゲームは「グランドセフトオート3」。
ゲーム好きな人ならこれがどんなゲームか知っているだろうが、知らない人のために解説すると、

プレイヤーはマフィアの構成員(かなり下っ端)になって、車ドロや暗殺、娼婦の送り迎えなどをしていくゲームで、街中で道行く人を殺害できたりする自由度の高い(?)ゲームだ。人を殺せるが友好的な行動が取れない分、自由度が高いというべきかは怪しいものだが。

どうやら友人は、わしが先日見せた「クレタク」をみて、わしが「反社会的行動をゲームの中でとるのが好きな人」と勘違いしたらしいのだ。別にわしは遊歩道やショッピングモールの中をタクシーで走り回りたいと思っているのではなく、「クレタク」全体に漂うバカな空気が好きなだけなのだが。その辺がどうにも伝わってなかった。さらに後日、もう1人の友人にも同じく「グランドセフトオート3」を勧められて、がっかりしてしまった。
自分が面白いと思うものを人に正確に伝えるというのは、実に難しいもんである。

おまけ――
アメリカの自由度ってのはどうにも「人を殺せる」って事に集中する感じがあるなあ。
もし、セガよりも先に「クレタク」のようなゲームの構想に行き着いたアメリカのゲーム会社があったとしたら、きっと歩道の歩行者達は車を避けずにはねられて、死んでいくことだろう(R指定未満お子様のために、引かれた人たちの血が緑色に表現されるフィルターや、出血量をコントロールすることが出来たりして。それで本質が変わるわけじゃなかろうに)。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中