認知度アップ!?

6月12日。

行ってまいりました。「トンデモ本大賞2010」。
去年が初参加で今回が2度目。
前回は池袋、今回は水天宮前の日本橋公会堂。

前回は参加の感想など特に書かなかったのですが(書こう書こうと思っているうちに時間が経過してしまったのが大きいですが)、今回は記事にしたいと思う強い動機があったから。

それは何かというと、

リチャード・コシミズ著「小説 911」が今年の大賞の候補にノミネートされたことである!

もちろんリチャード氏はその筋のマニアのみなさんであれば名前もその特異な主張も知られていることであろう。
なにしろ彼のブログは非常に人気の高いブログ(現時点で累計PVが650万を超えている)である。
PV数のわりに支持者がそれほどいないことを考えれば、熱心な支持者のほかに熱心なウォッチャーもいるはず。
だがしかし、今日初めて聞いたという人もいるだろうし、将来において「トンデモ本の世界」シリーズで紹介されることもあるだろう。そうなれば一気に全国区である(当然リチャード氏の望まない方向で、だが)。

当然わしはリチャードウォッチャーとして一票投じさせていただきました。
また、感想の枠にはリチャード氏の新刊についての情報を書き込ませていただき、光栄なことに山本会長の「大賞発表前の面白い感想を読み上げる」パートで紹介までしていただけた。実にうれしいことである。これを機にぜひ多くの人にリチャード氏の面白さを味わっていただきたい。

さて、上記のようにリチャード氏は新刊を出すのである。
タイトルは「2012年アセンションはやってこない」
タイトルだけでいえば明らかにアセンションというものについての批判的な解説書である。
しかしそこはリチャード・コシミズ。ただのアセンション批判本であるはずがない。それどころか小説なのだそうだ。

新刊はまだ発売されていないので、当然内容について知る由もないのだが、ふだんのリチャード氏の発言から察するに、ユダヤ人が2012年に金融街上空で純粋水爆を爆発させ、その際に生じる電磁波で金融機関に存在するユダヤ人の借金に関するデータを消滅させるとか、その際に発生した気象現象を見て白人のクリスチャンとかが奇跡だと勘違いするとか、そこに便乗してユダヤ人がニセの救世主を拝ませるとか、まあそういう内容なのだろうということは容易に想像がつく。リチャード氏の書いたあらましによると、それらはあくまで未然に防がれるようである。ネットの力で。

ただ、タイトルだけを見ればアセンションに関する解説書に見えるので、予備知識や免疫の類がなければ、内容を誤解したまま買う人もいるかもしれない。中身が小説であると知って一度びっくり、アセンションのトンデモを批判してるかと思ったらトンデモな陰謀論が展開されて二度びっくりだろう。
ぜひ来年のトンデモ本大賞にもノミネートされてほしいものである。

そんなリチャード氏、7月に講演会を阿久根市で開くのだそうな。
阿久根市といえばブログ市長なんて呼ばれている人が、主に市職員相手にヤンチャをしてることで知られているが、その阿久根市での講演である。しかも「特別ゲスト」の出席まで匂わせている。
それを知ったわしは「特別ゲスト」にはブログ市長が出るんじゃないかという期待でわくわくなのだ。

なにしろかつてブログ市長のブログを拝見した時に、その「お気に入り」の枠にはリチャード・コシミズへのリンクが存在していたのである(現在はない、反ロスチャイルド同盟へのリンクはあるが)。そう、市長はリチャード支持者(リチャード氏がいうところの心情党員?)なのだ。
市長の記事を検索すればリチャード氏の著作を買ったという記事まであるし、それに市長のブログでも今回の講演のことが紹介されていた。これはもう確定と考えてよいのではないだろうか?

天木直人、小林興起に続いて今度はブログ市長。トンデモの中では決してメジャーではないリチャード氏だが、それでも彼の元に姿を見せる政治家がいる(小林興起は明らかに選挙運動の一環だったが)。
どんな世界にもいるものなのであるなあ、アレな人は。

おまけ――
遠からずリチャード氏によって「ユ鮮邪教」の手先にされるであろう、と学会の山本会長が新刊のタイトルを知った感想は
「そりゃきませんよねえ」
でした。
ちなみに去年の大賞で「小説911」に投票した人がいたのですが、それはわしではありません。
「小説911」が去年の出版か一昨年の出版か分かってなかったので書きませんでした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中