ゾンビのいる風景

■Dead Rising2プレイ中

最近、Dead Rising2(PS3 カプコン 以下「デッドラ2」と略)をプレイしています。

一周するのに対して時間のかからないゲーム(12時間ちょっとくらい?)なのでもう数回クリア。

このゲームはなんといっても「いろんな凶器でたくさんのゾンビをぶっ飛ばす」爽快感が魅力ですな。

はっきり言ってこのコンセプトだけで作られてるんじゃないかと思うくらい。
というのも、ゲームを一回もクリアしないうちから「ステータスを引き継いでゲームを最初からプレイする」ことが可能になっており、クリアするためのハードルは非常に低くなっていて、ゲームのシナリオはあくまでおまけという感じがすごく伝わってくるためである。

こういうゲームだから、一通りのエンディング(4種類かな?)を見てしまったらもう、他の生存者や娘の病状なんて関係ねえ!
ゲーム内で許された72時間、レベル50のチャックさんで好き放題するだけよ!って感じであそんでおります。

そういう一種の無双ゲームとして楽しむのがデッドラ2の正しい遊び方だと思うんだけど、マップが狭く感じられてしまうのが欠点。

乗り物を豪快に飛ばすにはどうしてもマップが狭いのだ。
ゲームの舞台がフォーチュンシティという名前のモールとなっているのだが、車やバイクでぶっ飛ばすにはどうにも狭い。モ-ルだしね。

モールのメインストリートをバイクですっ飛ばすんだけど、階段や段差、ベンチなどの障害物が多く、遠慮なく飛ばせるストレートは長くない。モールの地下道はその点で障害物は少ないが、あまり地下道を利用しないという問題がある。
また、ゲーム中、ほかの乗り物(SUVやスポーツカー、ハーレー)のキーを買うことができるんだけれども、メインストリートより広いところはない。屋内でスポーツカーやハーレーを乗っていても心理的にも物理的にもせまっ苦しい。

理想としてはやはり名前の通りの町を舞台に暴れまわりたい。
ちょっとGTAあたりと混ざってしまうかもしれないが、街にあるいろいろな種類の働く車を乗り回したり、消火栓や電柱、燃料満載のタンクローリーやガソリンスタンドなどオブジェクトを利用したゾンビとの戦いを満喫したいものである。
そういう広い街を16人くらいの同時アクセスで無目的にオンラインプレイするというのが理想だろうか。

■ゾンビと人権

さてここからゲームとはちょっと離れたゾンビの話。

前期のアニメで「学園黙示録 High School Of The Dead」(以下「H.O.T.D.」と略)ってアニメがあったんですけど、すっごいおっぱい揺れてました。
まあおっぱいの話はそれくらいにして、このアニメもやはりゾンビが大量発生する、という話である。

で、デッドラ2もH.O.T.D.のどっちにも、「ゾンビの人権を訴える団体」ってのが出てくる。

デッドラ2に出てくるのは「CURE」という団体で、主人公チャックが参加する「TiR」(Terror is Realityの略)という番組を批判する活動を行っている。H.O.T.D.では団体というほど組織化されたものではなくて(ゾンビの発生という事件の最中なので)、その場で集まった人権派という感じであって、大した規模ではない。

考えてみりゃ、ゾンビが日常になった世界では、そういう人権団体が出てくるのは決してありえない話じゃないんだよね。
ゾンビになった人ってもともとは普通の人間で、どういう原因でゾンビ化したかは作品によって違うものの、ざっくりといって「脳に何らかの障害を負った人」くらいでくくることができるだろう。認知症にかかった人や、脳に腫瘍や傷をもった人の人格が大きく豹変してしまうということがあるくらいなので、たぶんそのくらいの理解で無理はないんじゃないかな……と思ってます。

「ゾンビ」という呼称になると一気に非人間的な存在という認識になってしまうが、間違いなくちょっと前まで、きちんとした人間だったはず。その人権を守ろうという考え自体はおかしくない。

だけど、特にH.O.T.D.においてなんだけど、「自分が襲われる危険性が非常に高い環境下でゾンビの人権を訴える人があらわれる」というのには違和感を覚える。
当然、H.O.T.D.やデッドラ2のような、襲われる危険性が非常に高い、あるいは実際に襲われてる場合において、個人が自分の身を守る権利に基づいてゾンビを攻撃するのは問題がない。正当防衛が成立するだろう。
身を守るために戦った人を非難するのは筋が通らない。

もちろん世の中にはそういう部分を無視して「攻撃した」ことだけに注目して批判するような、勝手な人はいる。
そういう人は当事者の危機がリアリティをもって理解できてないんだろう。

だけど、そういう人が当の現場にたくさん現れるってのはちょっと不自然。

そういう呑気なことを言う人は自分は危機を感じない、感じる必要のない安全な場所にいる人間じゃないだろうか?
911陰謀論の実例を引き合いにすれば、政府による陰謀の可能性を疑っていた遺族者団体は、政府からの報告書の結論を受け入れているという事実がある。
現在、陰謀論に与する遺族者団体は存在しない。それに対して、日本ではいまだに真相究明会議なんてものをやってる。
被害者遺族のように、事態を真剣に受け止めざるを得ない人であれば、無責任なことは言わないものだと思うのだ。

逆にデッドラ2の「CURE」は、むしろあって当たり前だろう。
何しろゲームに出てくる「TiR」という番組は、無意味にゾンビを殺しまくるという番組なのだから。

デッドラ2とH.O.T.D.の違いはここが大きい。
H.O.T.D.は世界的なゾンビの発生という危機的状況の最中だが、デッドラ2はゾンビの発生事件がある程度落ち着いて、ゾンビ化した人間とそうでない人とが安全な距離をはかれている世界なのだ。

ゾンビからの危機をある程度コントロールできているなかで、あえてゾンビを殺しまくるというのは、完全な虐殺だろう。脳障害者をかき集めて殺しまくる番組はあり得ない。
ゲーム序盤のムービーに出てくる、ゾンビに人権なんかないと言う人のほうが、ああいう世界観においてはむしろ非常識な気がする。

うん、デッドラ2のような世界であればゾンビの人権を守ろう!
しかしそうなると、「TiR」を楽しむオンラインプレイは、気持ち的にやりにくくなるな……。

 

おまけ――

Dead Rising2発売直後くらいにインターネットで「画面のバグがひどい」という情報がすっごい流れてたんですけど、個人的にはほとんど気になりませんでした。
テレビなどによって影響は違うのでしょう。
それよりもマップ切り替わり事のローディングのほうが厄介ですね。
救出者をうっかり前のマップに残してきてしまうとマップを引き返すことになるんですけど、そのたびに長めの読み込みを繰り返すは正直イラつきます。

《参考》

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 公式サイト

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中