年末おすすめはできない動画

12月は師走というだけあって忙しく、リチャードコシミズ講演動画2本見てメモをする程度でした。

今回見たのは以下の2つ。

2010.11.06 名古屋講演会 【日本らしい日本を取り戻そう!日本人らしい日本人に回帰しよう!】

2010.11.20 京都講演会 【世界ゴロツキ共同組合】

講演会動画は毎回2時間から2時間半程度。長丁場な上にハイペースでアップロードされるので、なかなかすべてを見切るということは難しく、過去のものでもすべてを見ることはできていません。

この二つの動画に関して紹介したいと思います。

■2010.11.06 名古屋講演会 【日本らしい日本を取り戻そう!日本人らしい日本人に回帰しよう!】

内容は、「バブル期はよかったと懐かしむ55歳が『今の若いもんは……』とこぼす動画」である。
とにかくバブル期、高度経済成長期の景気を「良い日本」として語り、現在の若者をなげくのである。

これがどのくらい独立党員の需要にかなっているものかは不明だが、講演会は大勢が訪れていたようである。

リチャード氏によると、昔はよかったが、今はまるでほかの国だという。

☆「素晴らしかった日本人」とは?
昨今では日本人の良い特徴が消えてしまっているというリチャード氏。
良い特徴とは「誠実、謙虚、慎み深い、紳士的、勤勉、実直、粘り強い、穏やか、知的、論理的、清潔好き」なのだそうだ。語っている本人にも足りてない点だと思ったのは自分一人ではないと思う。

どうしてそんなにももともとの日本人が優秀なのかというと、以下の5つの要因が考えられるという。

  1. 混血民族だから
    混血種は頭がいいことがよくある。
  2. 生魚の多食(DHA)
    生魚をよく食べるからDHAの摂取量が多い。これは他の民族にも当てはまるので一概には言えない。
  3. 明確な四季
    季節の変化に対応するために、能力が開発されたという説がある
  4. 入浴習慣(血行促進)
    お風呂入ると血行がよくなるから、頭に血がいく。だから頭がいい。(リチャード氏オリジナル)
  5. ユダヤの血脈
    実は日本人にはユダヤ人の血が流れているから。日本人はスファラディ系ユダヤ人の末裔。アシュケナージ(偽ユダヤ人)ではない。

・・・・・・とまあ、これらのいずれかかあるいは複合的なものによって日本人は優秀なのだそうだ。
どれも説得力が今ひとつなんだが、5個あればどうにかなるだろうか。

☆どのように悪くなり、その原因は何か?
で、どう世の中が悪くなったかというと「社会のキャバクラ化」がおきたのだという。
こういうとものすごいものを想像しそうだが、要は「女子高生とかがキャバ嬢っぽい化粧をしていること」や「若いサラリーマンが先のとがった靴を履くこと」だという。
当然(?)渡辺喜美の髪型はアウトで、用意した画像を切り抜いたりしている。
「社会の」という枕詞の割にはファッション・見た目に終始しており、たいした話ではない。

現在の若者のトレンドに一通りケチをつける一方で、自分の若かったころを懐かしんでいる。
自分の若かりし頃、女子高生は化粧なんてしないし、異性との交際などもしながらもちゃんと勉強をして学校も行っていたし、バブル期には日本のビジネスマンはプライドを持って仕事をしていたという。 

では、なぜ日本人がそこまで悪くなったかというと、当然金融ユダヤ人の陰謀である。
「ゆとり教育」は学生をダメにする陰謀で、「終身雇用・年功序列の崩壊」が企業をダメにする陰謀だそうな。
ただこれは過去の著作でもいってたので新しくはない。

☆どうしたら日本は復活するのか?
小泉・竹中改革を白紙に戻せば日本は復活するそうである。これだけ。

また、ちなみに官僚になるべき理想の日本人像についても語っているので、以下のような人が日本を担えばさらにOKなのだろう。

  • 田舎に10年に1度くらい出るくらいの優秀さ
  • 親は漁師なんかをやってんだけど、その子はたまたま勉強ができた
  • お金はないけども、東大に合格して奨学金で在籍(寮でバイトをしながら生活)
  • そして財務省に入ってキャリアを積んでいく。
  • 性格もよくて勤勉

・・・・・・なんだか昔懐かしの清貧の苦学生である。
名門中学・高校を卒業してきた富裕層の子供ではなく、こういう人が東大なんかに入れるような公平さが実現すれば日本は絶対によくなるのだそうな。
少子化時代にずいぶんなえり好みである。

 

■2010.11.20 京都講演会 【世界ゴロツキ共同組合】

こっちの動画についてはあまり書くことがありません。
なぜなら、過去の講演会でもしてきた話を繰り返しているからです。

本来のリチャード・コシミズに求められている話題は、どちらかといえばこっちの方なんでしょうが、何度も聞いてるので食傷気味です。

ただ、アセンション詐欺の話に言及があったので、そこだけは貴重でした。

☆隠れユダヤ人の話
スターリン、ヒトラーがロートシルト家の血をひいたユダヤ人。
クリントン元大統領はウィンスロップ・ロックフェラーの子供。
さらにゲバラカストロもユダヤ人なのだそうである。

☆アセンションはどうしてやって来ないのか
結局『2012年 アセンションはやって来ない』はどうやってアセンションが防がれるのか、具体的な部分はさっぱりわからなかったが、この動画では語られている(といっていいのかな?)。

曰く、2012年までにデビット・ロックフェラー、池田大作、文鮮明が亡くなり、それまで権力が一極集中していたそれぞれの組織では金や権力をめぐって内紛が発生。
資産の奪い合いという醜い争いを起こしてバラバラに分裂してしまい、アセンション詐欺どころではなくなる……
のだそうな。

「なるほど。だったらそれを本に書かんかい!」と思うのもつかの間、もしこのシナリオの通りになるのだとしたら、独立党もリチャード・コシミズも何にもしなくてもいい(あるいは何の役割も果たさない)、ということに気づいてしまった。

しかもこれは『2012年 アセンションはやって来ない』の内容(日本人の手によって未来が勝ち取られる)と食い違ってきてしまうのである。あくまで小説は小説ということだろうか。

 

■今回の名言

本やブログでは見られない、リチャード氏の熱い言葉をみられるのが、講演動画の醍醐味だろう。
文章で書かれているだけでは単なる「おめでたい人」でも、強烈な情熱が加わる講演会の演説では「ヤバさ」が加味されて「アブない人」にランクアップするのだ。
今回見た2つの動画で「熱かった」発言を紹介。

「その頃(バブル期)は我々は本当胸張って生きてた。『俺は日本人だ。俺たちの作るものが世界一だ。何を作らせても俺たちは世界一だ』という自負のもとに、我々はモノを売ってました。だから、誇り高いねえ、民族だった」
(名古屋講演会より)

サラリーマンが一気に民族の誇りへとパワーアップ。会社に人生を捧げてきた世代の胸を打つ言葉である。

「リチャードコシミズ見ててください、物事の判断の速さ。なぜかって言うといろんな経験しているから。たっぷりいろんな嫌な思いして煮え湯を飲まされてきたから、どうしたらいいかすぐにわかるの!
0.1秒もいらないんだよ!
何があってもへらへら笑ってるのは、どう対応したらいいかわかるからだよ。何があっても関係ない!
どんなCIAが汚い手を使っても全然関係ない、屁でもない、そんなもの。
今までの僕らのやり方見てればわかるでしょ、こっちのがずっと頭がいいんだよ!
日本人が一番頭いいんだよ!日本人に勝てるCIAのユダヤ人なんて一人もいないんだよ!
それは、間違いない。
ここに集まってる独立党のメンバーとその心情党員の皆さん、あなた方が世界で一番優秀です!間違いない!
だから我々が日本を引っ張っていけば、我々が世界を引っ張って行くことになるんです
そういう気概を持ってこれから胸を張っていきましょう、そして本来の日本の力を取り戻した時に、我々の戦いは終わる」
(名古屋講演会より)

すぐに判断をするのは結構だが、間違いが多い気がするのは、どうしたことか。
日本や世界を引っ張るとは、やはり世界を支配したいということなのだろうか。

「我々正しいことやってるんだもん、こんな正しい集団がどこにあるよ!?我々だけですよ、本当に正しいのは。邪心も何もなく、本当に自分たち、そして自分たちの子供や家族のことを考えるとこうするしかない、というそういった心の動きでもってうごいてる。金銭関係とかそんなもんじゃない。そういうものは全く無関係に物事を運んでる。だから我々の行動は人の心をうつし、どんどん人が集まってくる」
(名古屋講演会より)

「正しい」という言葉の定義が世間のそれとは違うんじゃないかと錯覚を覚えてしまう。
元独立党員を描いたリチャード小説は邪心に満ちてると思うんだが。

「ぼくはね、確証があるからそういうこと言うんじゃなくて、そうであれば話の筋が全部通ると、そういう前提で全部言ってるんです」
(京都講演会より)

これは「ジャーナリストが言っちゃいけない禁句」の上位に入りそうな一言である。
客観的な証拠や複数の証言によって裏付けられた事実ではなく、主観で全部決めると宣言しているに等しい。

「オウム事件のことを正しく報道しているのは、リチャードコシミズ独立党だけです。ほかはみんなウソを報道している、もしくは理解していない、ただの馬鹿。ただの馬鹿か、嘘をついてるかどっちか。私はどちらでもない
(京都講演会より)

まったくをもって同感。冗談や商売ではなく、本気で妄想を語ってる人だと思います。

「僕もね、ある程度ね、予知能力ある!さすがに、ここまで来ると予知能力があるね。だからね、だいたいそういう風にね、まとまると思う。何もなく終わって、で、本来権力の座にあるべきでない人たちは去っていくことになると思う。」
(京都講演会より)

自分の予測に絶大な自信を見せている。それにしても「ここまで来る」って何が?電波?

「ちょっと宴席でもって飲んだワインに何か入ってる。て言うのはよくある話で、僕も実はあるんです。ただ、僕の場合はあまりに生命力が強すぎて死なないんですね(笑)。ハルシオンってやつかもしんないな」
(京都講演会より)

自分の暗殺体験をずいぶんと気さくに話す人である。この発言がいつのことさしてるのかよくわかりませんが、心臓発作で倒れた時のことを言っているのかもしれない。

我々は最高の知性なんだから!これ以上の知性はこの地球上に存在しないんだから。その最高の知性にね、レベルの低いバカの謀略なんて、そんなもの通用するわけないじゃん。頭のレベルが違い過ぎる
(京都講演会より)

恐ろしいまで、という形容でも足りないくらいの自信。
それほどの知性がありながら、元幹部が次々と悪の組織にリクルートされるのを防げないのはどうしてなのだろう?

・・・・・・と、以上が今回見た動画の紹介です。
この他、オクラホマシティ連邦ビル爆破事件では核兵器が使われたとか、荒田技術に進展があったけどまだ公表しませんとか、講演会の最後に開かれる質問コーナーもなかなかでしたが、書くのもしんどくなってきたのでここまで。

興味があって、お正月に時間が湯水のごとく余っている、という人はぜひ自力でご覧ください。

おまけ――

1995年には地下鉄サリン事件と、連邦ビル爆破事件の2つの事件がユダヤの陰謀で起こされたそうですが、オウム真理教が核兵器を作っているというカバーストーリーの下地がなかったために核兵器は使われなかったそうです。

連邦ビル爆破事件の主犯ティモシー・マクベイが核兵器を作っているというストーリーの下地はあったんでしょうか?聞いたことないんだけど。

《参考動画》

2010.11.06 名古屋講演会 【日本らしい日本を取り戻そう!日本人らしい日本人に回帰しよう!】

2010.11.20 京都講演会 【世界ゴロツキ共同組合】

広告

“年末おすすめはできない動画” への 6 件のフィードバック

  1. いつも詳細なレポートをありがとうございます。

    >「ぼくはね、確証があるからそういうこと言うんじゃなくて、そうであれば話の筋が全部通ると、そういう前提で全部言ってるんです」 (京都講演会より)

    これは凄い発言ですね。
    自分が話している事に確証はないと宣言するとはビックリです。
    でも、話の筋が通っていると思うのはご自分だけではないのかとツッコミたくなりました。

  2. 最近、親子丼掲示板の以下のスレが賑わっています。

    人類初の月面着陸は、いつになるんだろうね?
    http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/2092/1128467723/

    年末になって色々な書き込みがあったのですが、大阪人さんの書き込みが非常に興味深いものでした。
    捏造論への反論を「荒らし」と認定し、「自分の持ち場に帰りなさい」「自分のブログで頑張りなさい」「お互いが自分の持ち場・ブログで意見を発信すればよい」と発言されてます。

    コシミズ氏のブログのコメント欄を見ていても思うのですが、ブログや掲示板が「共同幻想」を維持・鼓舞するための重要な「場」になっているかのようです。そこに書き込まれる「異見」に対しては、感情的とも見られる反発コメントが多数寄せられます。彼らにとっての「議論」とは、コシミズ氏の意見への「同意」「うなずき」であり、それを確認できる掲示板やコメント欄は神聖にして侵してはならない領域なのでしょう。

    面白いことに、このような傾向は、コシミズ氏と反目している瀬戸弘幸氏のブログのコメント欄にも見られます。表れ方は異なりますが、実は同じ性質を内包した組織運営だと思う次第です。
    http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

    以下、親子丼掲示板の大阪人さんの書き込みを引用します。

    634 名前:大阪人[] 投稿日:2010/12/30(木) 15:41:35 ID:4U5MQaYo0
    >>630~633
    この方は自己中の典型ですね。
    だからしつこく粘着できるのです。
    「荒らし」を「議論」というなど自己中です。
    無意味なコピペ、ウソの対応。
    自分の持ち場に帰りなさい。

    持ち場はここです?気味が悪い!

    1日でレスがいっぱい・・・。
    あなたに対応などしてほしくないです。

    636 名前:大阪人[] 投稿日:2010/12/30(木) 15:55:45 ID:4U5MQaYo0
    >>630~633
    これだけあほにされてもここへやってくる。
    議論だと。議論をしたい根っこは何か。
    やはり自己中正義。
    捏造論の明確な主張理解など自己中には
    永久に無理。自分のブログで頑張りなさい。
    それでも粘着したいですか。
    どこまで馬鹿なんですか。

    639 名前:大阪人[] 投稿日:2010/12/30(木) 22:29:07 ID:4U5MQaYo0
    >>638
    しつこい人ですね。

    nomu・・・山本弘・アマゾンコメント

    掲示板・・・副島氏など

    ポイントもくそもない。
    お互いが自分の持ち場・ブログで意見を発信すればよい。

    何が「教えてくださいませんか」だ。
    どこまで愚かなんだ。去れ。

    1. >堺屋さん
      親子丼掲示板はリチャード氏の説は正しいという前提で、独立党員や心情党員が「意見」ではなく「情報」を交換をする場なのでしょう。

      だから掲示板の常連からすれば、リチャード氏の説に対する反論を書き込むことは、見当違いな行為ととられるのではないでしょうか。

      プロレスファンの掲示板に「あんなの出来レースだ」とか「やらせだ」と書き込むようなものなのだと思います。

  3. zingorohさん
    プロレスの比喩はとても適切だと思います。
    私も昔はプロレスファンでした。プロレスは、その試合のストーリーだとか技の応酬を楽しむものであって、勝ち負けが問題じゃないんだ! と思ってましたね(笑)。悪役も欠かせないアイテムでした。

    そうやって楽しんでいる会場に、証拠がどうのこうのとか、論理が通らんとか、無粋な邪魔をしてはいけないんですね。
    ただ、全体像の組み立てが弱い点は気になります。もっと精緻に陰謀ストーリーを組み立てて欲しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中