本気にしていた人

結局のところ『本気にしないでください。』という一言で収拾することになったわけだが、2012年8月3日のrichardkoshimizu’s blog における迷走は、そのバカバカしさがちょっと素晴らしかったので記事にしておく。

 

◆うそ臭い在特会の告知

なにやら、苫小牧講演会、面白いことになりそうです。』ということで、リチャード氏は8月5日開催予定の苫小牧講演に合わせて在特会がデモを行うという告知があったと紹介している。
告知文は以下の通り。

反靖国・反天皇 RK独立党へのカウンター この集会は靖国神社の破壊を主張し、また「天皇いらない」と叫び続け、昨年より反原発まで訴えるようになりました。悪質なのはこの集会に韓国など外国から多くの反日活動家たちを呼び寄せて参加させていることです。反日集会粉砕! 入管法違反(政治活動の禁止)外国人の即時逮捕を求めて今年も在特会は反日講演会にカウンターを行います。 【集合日時】 平成24年8月5日(日) 11:00 【集合場所】 苫小牧市文化交流センター「アイビープラザ」 JR苫小牧駅よりバス。文化交流センター下車。 【主催】 在日特権を許さない市民の会 北海道支部 【共催】 在特会 宮城支部/青森支部/山形支部/福島支部/新潟支部 【注意事項】 当日は、動画撮影が入りますので各自対応お願いします 日章旗・旭日旗・Z旗・手作りプラカード大歓迎 特攻服など現場にふさわしくない服装はご遠慮ください 現場責任者に従い秩序ある行動をお願いいたします ※ 主催側の負担を軽減するため、プラカードは極力各自でご用意ください

この告知文が一体どこに書き込まれたのか、同時間帯のrichardkoshimizu’s blog のコメント欄などを見て回っても見当たらないのだが、それ以上にインターネット上のどこでもこの集会への呼びかけは見当たらない

在特会の活動告知ならば、在特会のサイトで確認されてしかるべきなのだが一切見当たらない。
この告知が本物ならば、「在特会の活動告知が読めるのはリチャードコシミズブログだけ!」という意味不明な状況となる。

ほんの少々時間を使って、在特会のHPでもチェックすればすぐにわかることなのだが、よほどテンションが上がってしまったのだろう。
反独立党集会を茶化すことで、「裏社会の手下にも動じない男」らしさを演出するつもりだったのだろうが、単なる「うっかり者」に終わっている。

 

ちなみに、現在在特会HPにある「行動する保守運動カレンダー」にて北海道での活動予定をチェックしてみると、この反独立党集会に関する情報がデマであることが明記されている。

 

◆もっとうそ臭いグリーンピースの告知

この在特会の集会の告知以上にうそ臭いのが、『在特会と日侵会が、山本太郎と共闘?』の記事で紹介されているグリーンピースの告知である。
この告知文はリチャード氏のブログの『2012.7.28 RK徳島講演会「311真相暴露の次は何を見舞いしましょうか?」を公開します。』の記事のコメント欄に書き込まれたもので、告知文は以下のとおり。

大東亜戦争敗戦67年後の真実 連続行動 天皇陛下を陰謀論者による反日の道具に使わせてはいけない! 反日勢力に囲まれ国家が脅かされている危機的現状を訴えよう! 【日時】 平成24年8月8日 13:00 ~ 16:00 【場所】 RK独立党事務所前 【主催】 グリーンピース 日本支部 【共催】 在特会/日侵会 東京支部 【現場責任者】 山本太郎 (グリーンピース) 【注意事項】 当日は、動画撮影が入りますので各自対応お願いします 日章旗・旭日旗・Z旗・手作りプラカード大歓迎 特攻服など現場にふさわしくない服装はご遠慮ください 現場責任者に従い秩序ある行動をお願いいたします

この文章はどこをとっても怪しい
もはやグリーンピースのHPなどで裏を取る必要がないほどである。

まず第一に、国際的に反戦・反核・環境保護を訴えているグリーンピースが、なぜ独立党を反日団体として糾弾したうえに、在特会や日侵会といった保守系団体とともに活動するのかが全く持って不自然である。
同団体の理念からまったくもってかけ離れている。

また山本太郎が現場責任者となっているが、山本太郎はグリーンピースのメンバーではない。
反原発運動に絡んでグリーンピースの人間とともに会見や抗議活動を行っていた事実はあるが、グリーンピースに所属しているわけではない。

しかも文章最後の【注意事項】にいたっては、先の在特会名義の集会告知を使いまわしている感じが丸出しである。グリーンピースの人たちは参加者が特攻服を着る心配などしたことないんじゃないだろうか?

このウソ予告をうけてリチャード氏は「なるほど、やっぱり、反原発暴動の黒幕は、エセ右翼と同じ「統一朝鮮人麻薬密輸協会」とユダヤCIAだったんですね。納得。」と、見事に納得してしまっている。
しかし、『在特会と日侵会が、山本太郎と共闘?』のコメント欄にはリチャード氏と一緒になってこの告知を真に受けたコメントをしている人たちが多くいる中、情報源のあいまいさや内容の不自然さを疑う人々も現れていた。

 

これらの指摘をまじめに検討した結果か、それとも別の理由からか、リチャード氏は『本気にしないでください。』の記事において事態の収拾をつけるに至った次第である。
本気にしないでくださいなんて言ってるが、偉そうに言ってるリチャード氏自身が間違いなく本気にしていたであろう。

 

ちなみに、このウソ告知文のネタ元は日侵会こと「日本侵略を許さない国民の会」のブログに書かれている抗議活動の告知文と考えられる。
実際に見てもらえばわかるが、このブログに書かれている告知文のいくつかの箇所に少々手を加えれば、今回の2つのウソ告知文が出来上がる。

今回このフィーバーはたった8時間で落ち着いてしまったが、このフィーバー中に「部落解放同盟」や「創価学会」や「主権回復を目指す会」などの名前で同様のウソ告知を大量生産したら、それらをことごとく信じたのではないのかとちょっと思ってしまった。

 

今回の件でグリーンピースの告知文の不自然さを指摘した何人かの人たちは、すでにリチャード氏の情報分析力をはるかに凌駕してしまっていると思う。
卒業しちゃっていいんじゃなかろうか。

 


《参考記事》
なにやら、苫小牧講演会、面白いことになりそうです。
在特会と日侵会が、山本太郎と共闘?
本気にしないでください。
richardkoshimizu’s blog より)

在日特権を許さない市民の会

日本侵略を許さない国民の会ブログ

国際環境NGOグリーンピース

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中