リチャード小説を読んで:「リチャード・コシミズの新しい歴史教科書」

遅くなってしまったが、今年のリチャード氏の新刊『リチャード・コシミズの新しい歴史教科書』を手に入れたので紹介したいと思う。

◆自由な?本

相変わらずだしいまさら言うまでもないが、小説とはいえない。

いや、それどころか「歴史教科書には書かれていない真の歴史について書いた本」といってもいいのかどうかも怪しいもので、良く言えば「自由な本」、悪く言えば「おぼつかない本」でもある。

小説っぽくなさはこれまでの本のとおりで、各章ところどころでセリフをしゃべったり登場人物が何か行動をとる描写があるのだが、その割合は低く、「○○する。▲▲する。」という風に事象を羅列した解説が大半を占めている。
また脱線も多く、とくに過去の歴史を話していた流れを斬って、現在の世界や日本について話がそれる箇所が多かった。
各章で脱線せずに過去の歴史を語り、最後に現代についてまとめて熱く語る章を書いてくれればよかったと思う。

また、本書は現在の歴史教科書を否定し、真の歴史について書くことを主たる目的としているはずなのだが、案外定説を否定していない印象がある。

間宮林蔵について書いた「2.幕末ご公儀隠密伝」は別に「歴史教科書に書かれているのはこうだけど、本当はこうなんだ」というような論調は一切なく、ただただ間宮林蔵の話。
リチャード氏の「間宮林蔵の生き様が好き」という動機だけで書かれており、別に正史を否定するような内容ではない。

「5.秀秋と清正の1600年」は前半が関ヶ原から大坂夏の陣までの正史どおりの話で、後半は「もしも加藤清正が50歳で病死していなかったら」というIFの話に突入する。
ただただリチャード氏の思い描いた「もしも」の話が書かれていて、歴史を学ぶも何もない。
小説らしい試みとは言えるが、本書のコンセプトからは外れている。

間宮林蔵は従来の歴史教科書でそれほど名前が出てこないだろうし、ましてや普通の教科書には「もしも○○だったら」なんてドリーム話は書かれていないわけで、そういう意味では確かに歴史教科書にはない内容なのだが、ちょっとこれは違うだろう。

この2つ以外の章、「2.アドルフ・ロスチャイルド・ヒットラー」、「4.土佐のカシキの日本開国記」、「6.日韓併合とオウム事件の関係」、「7.1944年の対日人工地震・津波攻撃」、「8.韓国人になった日本人と日本人になった韓国人」はいずれも本来の目的どおり「真の歴史」について語っているわけだが、まあだいたいリチャード氏が過去の講演や、ブログあるいは独立党ができる前に書いたネットの記事なんかが元になっているのがわかる。
ベテランの独立党員には「過去に聞いた」と感じるような話ばかりではないだろうか(私自身が初めて目にしたのは、8章の雑賀衆→沙也可に関する記事だけだった。とはいえこれも既出かもしれない)。

活字化することに意味があるから、過去に語られた話でもいいという考えもあるかもしれないが、それにしても1章のヒットラーの章には不満がある。
何しろベースになったのが、リチャード氏の書いた記事の中でも相当に古いものであろう、『アドルフ・ヒットラーはイスラエル建国の父』、『ユダヤ・ロスチャイルド卿の孫、ヒットラーはイスラエル建国の使命を果たした後、南米で余生を送り20年前まで生きていた?』、『ホロコーストは戦後のユダヤ特権を享受するための捏造神話』、『アンネ・フランクは、アンネの日記を書かなかった。』といった2005年の記事の転用、参考記事のリンクがそのまま丸写しのためにリンク切れのものが少なくないのだ。

それに歴史教科書なのに、カバーしている範囲が狭い。
日本史では戦国時代末期から江戸時代、幕末のあたりが充実しているが、他の時代の話題は少ない。
世界史の部分は現代史のみ。
なんでこれで歴史教科書を名乗っちゃったんだか。

 

◆ところどころツッコミ

この本の間違ってる箇所とかにすべてツッコミを入れるのは相当大変だし、ここのブログで過去に記事にした部分もかなりあるので、昨年の本のように徹底した書き方はせず、特に目立ったところを紹介する。

 

・ガス室は非効率

それに大量虐殺を行うのにガス室など必要ない。どうしても効率よく殺戮したいなら、密閉したプールに囚人を放り込んで注水すればいい。水を抜けばすぐに次の一群を「処置」できる。ナチスが「チクロン・ガス」を使って大量殺人したという話がまことしやかに伝わっているが、ガスを使えば換気が済むまで室内に入れない。不効率極まりない。
もっと簡単に大量殺人を実行する方法がある。収容所にいれた囚人に飲食を与えない。二週間もすれば飢えと乾きで一人も生き残らない。
ガスも水もいらない囚人の処理方法である。なぜ、この方法を取らなかったのか?ガス室殺人自体が嘘だったからである。
(50ページ ※「チクロン・ガス」は「チクロンB」の誤記と思われる。)

これのどこが効率的なんだか。

特にプールはひどい。
一回の大量殺人にどれだけの体積のガスや水が必要なのかはわからないが、密閉したプールを作って注水し、そして排水するなんて構造にしたら、その施設には上下水道を完備しなくてはならないという、面倒さがある(死体が詰まる恐れがあるため、排水口はいい加減なつくりではだめだろう)。

実際に絶滅収容所にあったガス室では、屋根に上ったナチス隊員がチクロンBを放り込む方式をとっている。
チクロンBは珪藻土にシアン化合物を染み込ませたもので、固形である。
ガス室に投げ込まれると中にいる、すし詰め状態のユダヤ人たちの体温で毒ガスが揮発し、彼らを死に至らしめるのだ。
固形のチクロンBは水に比べればずっと軽くて扱いやすいし、発生する毒ガスは空気より軽い性質のものだったため、一旦屋外へ換気してしまえばあとははるか上空へ勝手に散っていってしまうので、地上には害がでない。
ガス室には、密閉空間にするために機密性の高い出入り口、チクロンBを放り込んだり換気するために開閉の可能な煙突などがあればいいだろう。
水道をひかなくてはならないプールに比べればガス室はずっと簡単に作れるのだ(実物にはさらにシャワー室に見せかけるためのニセのシャワーがついている)。
またチクロンBを投げ込むナチス隊員や、死体の処理をやらされたゾンダーコマンドはガスマスクをつけて作業をしていたため、換気と同時進行で死体を処理することも可能だった。

飢え死にさせる方法もあまり効率的とは言えないだろう。
死ぬまでに2週間かかるということは、その間彼らを収容する施設と人員が必要になる。
収容所にはいろんな土地から次々にユダヤ人が送られてくるため、全員を2週間も生かしておくような、悠長な手段はとっていられないだろう。

ただ、ナチスは飢え死にさせるという手段をとっていなかったわけではない。
ユダヤ人は全員が即座に殺されていたわけではなく、労働に耐えられそうな者は強制労働をさせられていた。
彼らには満足な食事が与えられず、文字通り死ぬまで働かされたという。
絶滅収容所から保護されたユダヤ人の写真には、骸骨の上に皮をかぶせただけのようなショッキングな姿の人物が多く写っているが、彼らはそういった過酷な条件で働かされていたためにそのような姿になったのである。

 

・坂本竜馬の功績って何

筆者自身は、「坂本竜馬が一体どんな功績を遺したのか、是非知りたい」ものである。
(100ページ)

ユダヤ権力は、自らの傀儡、手先を美化するためにメディアを使って「竜馬ブーム」を引き起こし賛美する。そして、日本人の多くは黒幕の思惑も知らず、手放しで竜馬を褒め称える。
だが、彼らに「竜馬の功績はなんなのか?」と聞いてみればいい。誰も的確に応えることはできないはずだ。
(106ページ)

……亀山社中や海援隊の設立とか、薩長同盟の締結とか、明治維新で重要な役割を果たした竜馬もリチャード氏の手にかかればユダヤ人のパシリである。
これらの仕事はすべてグラバーの手によるもので、竜馬は別に何もしていないというのが本書の主張である。
重要な功績を全てユダヤ人のものにしてしまえば、当然竜馬の功績はゼロになってしまう。

一応グラバーはスコットランド人と指摘したいところであるが、「隠れユダヤ人」という魔法の言葉ですべて無効化されるだろう。

 

・今回も「小説」の形態で出版します

さて、これは小説である。
(151ページ)

さて、小説から現実世界に戻る時間のようだ。
(166ページ)

えっ……。
「さて、これは小説である」とわざわざ断りが入るのも驚きだが、小説をやめちゃう宣言をするあたりかなりの衝撃である。
これは「もしも加藤清正が50歳で病死しなかったら」というIFの話の始めと終わりに書かれているのだが、この仮定の話が終わって小説じゃなくなった後は一体なんなのだろうか?
「現実世界に戻る」とかかれてはいるが、実際にはこの後「ひとりの人間の存在が歴史を左右する」というリチャード氏の話になる。
「あとがき」に近いだろうか。

 

・南京大虐殺について

この本が出る前の予告の文章では南京大虐殺についてリチャード氏の見解が読めるという期待があったのだが、各章のタイトルを見る限り、第二次世界大戦中の日本をテーマにしたものはなく、触れないかもしれないとおもっていた。
しかし、本当にさらっとだが、南京大虐殺についての見解を述べている部分があった。以下のとおりである。

「南京大虐殺事件」があったのかなかったのかの論争がある。大きな戦争行為であった以上、「虐殺」と呼べるような蛮行が全くなかった例はない。多くても少なくても犠牲者がいる限りは虐殺はあったと認識すべきであろう。ただし、中国側の言う数十万の死者という数字は根拠に乏しい。
(231ページ)

これだけである。
すごくあっけない感じだが、これは大体歴史学者たちの認識に沿う見解だろう。
この後、尖閣問題や慰安婦問題についても書いてあるが、いずれもあまり深くは掘り下げていない。
というのも、これらの問題で日中が対立すること自体がユダヤの陰謀であるというのがリチャード氏の考えだからである。

北朝鮮と背後で癒着したユダヤ権力は、日中関係を悪化させて日中経済協力が進まない状態を維持したいのだ。日本は大事な金蔓であり、搾取の対象だ。絶対に手放したくない。
よって、南京、慰安婦といった個別の問題を論じること自体、意味がない。まったく不毛な議論だ。主張の背後にどんな利害関係が潜んでいるのか知らずに、悪戯に中国批判をするのは、北朝鮮とユダヤ搾取資本家を助けて、自分の首をしめる愚行なのだ。
(232-233ページ)

つまりはまあ、歴史認識(と領土問題)に対しては乗り越えずに、「こまけぇこたぁいいんだよ!!」とばかりに置いておこうということだろうか。

しかしこれを実践するには日本だけでなく、中国側の協力が不可欠である。日本だけ一方的にこういうことを言ったら、またデモ(というか暴動)が起きてしまう。
反日デモ陰謀論の時のように、このあたりの文章も中国語訳して発信すればよいのではないだろうか。
たぶん怒られると思うが。

 

・ナチスの原爆

それにナチスが原爆を完成していたのであるなら、なぜ、連合軍に対して使用しなかったのか?ロンドン・モスクワに重爆撃機で運んで上空で炸裂させれば、戦況は一瞬にして逆転する。なぜそうしなかったのか?謎は・…とくにない。ナチスが「勝ってはいけないシオニスト謀略組織」であった以上、原爆を使って戦争に逆転勝利するなど論外だったのだ。ユダヤ裏社会のシナリオ上では、既に戦争は「ドイツの負け」が「決定」済みだったのだ。
(247‐248ページ)

いきなりここを読むとすごく意味不明な文章だと思うので、補足説明をしておく。
これは「広島に落とされた原爆はナチス製で、それを連合軍が入手して使用した」という奇説について書かれた箇所の一部である。

予定調和でナチスが負けることが決まっているなら、一発逆転できそうな大量破壊兵器なんて開発する事自体が変だとは思わないのか。

ちなみにこの突拍子もない「ナチス製原爆説」の出所は、元スパイのアンヘル・アルカサール(もしくはアルカッサル)・デ・ベラスコという人物で、本書のヒトラー生存説について書かれた部分に、副官マルチン・ボルマンをアルゼンチンに送り届けた人として名前が出てくる人物である。
捏造の世界史』(奥菜秀次 祥伝社)によると、「マルチン・ボルマン生存説」のスクープを大々的に報道したものの、のちに偽写真と捏造文書によるガセネタと判明し信用を落としたジャーナリスト、ラディラス・ファラゴの情報源の一人にこのベラスコがいたという。

 

◆コシミズ文学は爆発だ(擬音的な意味で)

最後に一番笑わされた箇所について紹介。

だが、包囲戦はじわじわと秀頼方を弱体化する。家康の兵はじりじりと城に肉薄する。そして、英国から購入した大砲で砲弾を打ち込む。家康側は事前に大坂周辺の食料を買い占めていたので、秀頼軍は食糧不足に陥る。家康側は同時に「和議」を申し入れるが、強気の淀君ははねつける。
ドッカーン、キャー・・・・・・
淀君の在所の近くに英国のカノン砲の砲弾が着弾する。淀君の侍女8人が、淀君の目の前で爆死する。
(141‐142ページ)

この「ドッカーン、キャー・・・・・・」にはヤられてしまった。
電車の中でこの箇所を読んでいたのだが、予想を超える文学的な表現の登場に、危うく声を出して笑ってしまうところだった。

「ドッカーン」て!「キャー」て!
ケータイ小説か!

残念ながらこの表現はここだけにとどまり、これ以前も以後もうまくもなければ愉快でもない表現で本は書かれている。
この擬音主体の表現スタイルで終始書きとおせば、日露戦争の日本海海戦あたりはドッカンドッカンと擬音の飛び交う楽しい文章になっていたと思うのだが、実に残念である。

 

この本についての紹介はここまで。
次回以降に続くことも特に予定していない。

本の評価としては……☆2つ!
リチャード氏は現在の歴史教科書を退屈なものとして、この本を書いたようだが、この本もかなり退屈である。
ヒトラーあたりは「真の歴史」ネタも豊富で、かなり飛ばしている感じがするのだが、間宮林蔵の話は期待していたような路線の話ではないし、清正の話も同様である。
この2つの章は途中でパスしてしまいたくなったほどだ。
正史に反する説を唱えている章でも、正史に沿ったを説明する箇所がかなりの割合を占めていて、教科書あるいはWikipediaを読めばいいのかなと感じる箇所がかなり多い。
たとえば、日露戦争のバルチック艦隊を倒した日本艦隊の勝因として挙げられた「下瀬火薬」「伊集院信管」「三六式無線電信機」「宮原式汽罐」「驚異的な識字率」といったものは、いずれもWikipediaの『日本海海戦』で新技術として紹介されており、リチャード氏独自の評価という感じはあまり受けない。

ところどころに飛び出す非合理的な考え方や、「さてこれは小説である」や「ドッカーン、キャー……」といった表現が楽しませてはくれたものの、全体としては過去に見聞きしてきたリチャード・コシミズの言説の再録なので、読んでいて退屈さを禁じ得ない。

ページ数が大幅に減少したことも減点対象である。
今回は巻末の広告ページ24ページ分と奥付を含めても306ページとなっており、『小説9.11』や『2012年アセンションはやってこない』、『3.11同時多発人工地震テロ』の三作はいずれも本文が350ページを超えたのに比べると、本書は相当に少ない。
もっとネタを集めてからこの本は出すべきではなかったのだろうか。
しかも値段は旧作と同じ2000円で、割高感がしてしまう。

前述の面白文章がなければ☆1つにしていたところだ。

次回に予定していると噂の「小説3.11」では、人工地震発生の過程を擬音を多用して表現してもらいたいものである。

【2012/10/10 訂正】
以下の部分を訂正しました。
× 「ドッカーン、キャー……」
○ 「ドッカーン、キャー・・・・・・」
三点リーダだと、ブログ上での表示が実物とは異なってしまうので直しました。

 


《参考図書》

 

広告

“リチャード小説を読んで:「リチャード・コシミズの新しい歴史教科書」” への 5 件のフィードバック

  1. 紹介しずらい本ですのぉ~。無償で配布されても読む気も起きない本だ。
    それから、ページ数が減った話ですが文字を大きくして1ページ辺りの
    文字数を減らす小細工もやってんので前作と比べて半分しかないそうな。

    1. >紹介しずらい本ですのぉ~。
      「一言でこの本を表現するなら」というのが難しい本です。
      「著者が歴史をテーマに知ってること、思いついたことを取り留めなく詰め込んだ本」ですかね。
      う~ん、魅力のないキャッチフレーズ。

      >それから、ページ数が減った話ですが文字を大きくして1ページ辺りの
      >文字数を減らす小細工もやってんので前作と比べて半分しかないそうな。
      確かに文字が過去作に比べると大きいですね、それも加味するとおっしゃる通り半分くらいかもしれないです。

  2. 本の現物を見て無いので解らないですが、相当な総すかんを食ってるようです。今まで、コシミズ氏を信じて、そして、コシミズ氏に付いて行ってた人達がどんどん、コシミズ感に、飽き飽きし始めてるようです。なので、本の出版の為に投資してくれる人が激減したと思います。

    Blogのコメントも自作自演をしてる様です。

    1. 本の評判については、まあ推測するしかないというところですが、売り上げについては芳しくないでしょうね。

      昨年、「3.11同時多発人工地震テロ」がやたらと売れていた時には、増刷や追加発注でうれしい悲鳴がRKブログから上がっていましたが、今回はうんともすんとも言わないですからね。
      amazonのレビュー数も人気の重要な指標かなと思うのですが、前作は72で今作は6。
      結局「3.11同時多発人工地震テロ」以前の作品と同程度にしか売れていないと思います。

      再版した過去作についてもそういった話を聞きませんし、最初に刷った分がまだ掃けてないでしょうね。

      1. 相当負債を抱えてると思いますよ。講演会をしても、人が集まらなくなりつつあると思います。

        コシミズは日本人を舐めきってますよ。でも、皆が、コシミズは偽日本人だと言う事を解り始めてます。何故なら、いつも、「ユダヤがー。」とか、「統一教会がー。」とか、言ってるので、皆、本当はどうだろうか?調べますよ。

        まあ、焦ってますね。焦りすぎてると思います。

        その内、忘れ去られる存在でしょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中