理想の医療

普段は政治・経済の側面からユダヤの陰謀を語るリチャード氏だが、『リチャード・コシミズの新しい歴史教科書』といった本を出していることからも分かるとおり、他の分野にも本を出せるだけの知識があるという自負をもっているようである。

これは健康についても同様で、かつて健康をテーマに講演会を開催することもあったし、2012年8月の『コシミズさん、文章からあなたの優しさは垣間見えましたが、うつ病がどんな病気か全く理解していませんね。』の記事では「私も過去に本が一冊書けるくらいの言説は残したつもりですが。」と極めて自信にみちた文章を書いている。

 

◆独立党的「理想の医療」

最近リチャード氏はまたも健康についてブログ記事を連投を行っている。

閑話休題:鍼灸治療
>針にしろ薬にしろ、マッサージにしろ対処療法でしかなく、根本治療にはなっていません。
医療のあるべき姿

鍼治療をはじめとして可視光線治療や放射線治療の有効性に言及し、医療の理想形について語っている。

上記の3記事からまとめると、西洋医療については投薬に関して賛成しないものの(ロックフェラーの製薬部門が高い合成薬を売りつけるため)、緊急時の外科的な処置についてはその有効性を認めており、鍼灸・放射線・可視光線は自然治癒力を高めるものであるそうな。

理想的な医療はというと、西洋医学と東洋医学のコラボレーションで、西洋医学は検査と緊急時を受け持ち、東洋医学やその他代替医療(可視光線治療や放射線ホルミシスは東洋医学には入らないのでこう書かせてもらう)で自然治癒力を高め、そもそも病気にならない体にするというもののようだ。

西洋医学の、緊急時の処置について一定程度の評価を下しているのは、リチャード氏自身が心臓発作を起こした2010年4月に西洋医学の緊急医療処置によって一命を取り留めたという、実体験に学んでのことだろう。
このペースだとリチャード氏の西洋医学に対する理解が世間並みになるころには身が持たなくなっていそうだ。

ちなみに、リチャード氏の掲げる理想的な病院は以下の通り

病院には本物の温泉よりも魅力的な緑に囲まれた大浴場が。38度の半身浴風呂、30度のラドン温泉洞窟風呂、炭酸泉は心臓の悪い人に。看護師さんはいつも笑顔の魅力的なひとばかり。患者のおじいちゃん大喜び。(コスプレ関連事項にはこここでは触れません。)若くてハンサムな男性介護人も。おばあちゃん、通院時、お化粧2時間。休憩室には24時間、RK動画。患者さんたち、知的刺激を受けて脳細胞が活性化。皆が議論の輪に参加していく。痴呆症が著しく改善。(P.S.:男性の場合、そばにキレイな女性がいるだけでも絶大な改善が見られるそうで。)

うん、休憩室には24時間誰もいなさそうだ。

 

◆「理想の医療」の効果

そして上記三つの記事の後に書かれた『RK予防入院の件』の記事によれば、最近心不全気味だったので予防入院したとのこと。
タイミングの良さを考えると、医療について記事を書きだしたのは入院する予定が固まっていたからかもしれない。

何にしても一つ言えそうなのは、リチャード氏が去年あたりから盛んに有効性をアピールしていた放射線ホルミシスや可視光線治療は、彼の心疾患に関して目覚ましい効果をあげてはいないということである。

もしこれらの治療が本当にリチャード氏の日常的な自然治癒力の増進や健康維持に良い効果をもたらしていたら、「実はいささか心不全ぎみだったので」なんてことにはならないだろう。
それとも心不全にはかなわないくらいには微弱な効果なのだろうか?

「代替医療で日常の健康を維持し、いざというときには西洋医学によって状況を改善する」という、リチャード氏理想の医療。
それは、病院の医師の言いつけそっちのけで放射線ホルミシスや可視光線治療といった代替医療に傾倒し、病状が悪化してきたから病院に行って治療させるという、単なる「困った患者」の自分勝手なのではないだろうか。

 


《参考記事》

閑話休題:鍼灸治療
>針にしろ薬にしろ、マッサージにしろ対処療法でしかなく、根本治療にはなっていません。
医療のあるべき姿
RK予防入院の件
richardkoshimizu’s blog より)

広告

“理想の医療” への 2 件のフィードバック

  1. 深読みかも知れないですが、リチャード氏どうも、心不全、重症の様な気がするんです。理想の医学なんぞ、妄想するぐらいですから。

    1. リチャード氏の心臓の病気が重いというのは前々からです。
      2010年に倒れた時には医者が回復を『奇跡的』と表現したそうですから、相当重症だったはずです。
      倒れる前に健康について講演していた時の発言によれば、講演の5年ほど前にやはり心疾患で倒れたそうですから、ずっと前から心臓に不安を抱えていたでしょう。
      長く薬漬けの生活や摂生した食生活をしないといけないと医者に言われれば気が滅入りますが、そこを代替医療で楽していいと言われたらすごくありがたく聞こえてしまうんじゃないでしょうかね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中