「やりすぎ」ない都市伝説

今回は久しぶりに独立党から離れてテレビのお話。

2012年11月2日放送の「やりすぎ都市伝説スペシャル」をネタに書かせていただく。

例によって例のごとく、関暁夫が海外の一都市にいき、そこの土地にまつわる都市伝説やまつわらない都市伝説の話をするというもの。

内容的には都市伝説というより陰謀論である。

主にフリーメーソンやイルミナティなど、既にいろいろ言われてたり、200年以上前に解散しているために訴えられる心配をしなくて良くなってたりする組織を黒幕とした陰謀論を展開している。

だが、関の語る陰謀論には実在する企業名が登場する陰謀論も存在し、そのまま関に好きに語らせていたら間違いなくテレビ東京に苦情なり訴訟なりが押し寄せてくるだろう。

テレビ東京が様々なテクニックを駆使して責任を回避しようとしている様子を紹介する。

 

◆スターバックスの繁栄の陰に秘密結社?

シアトルに着いた関が語るところによると、スターバックスが世界進出した影に秘密結社の存在があるという。

・・・・・・という雰囲気の話をしている。

ここはあくまで雰囲気である。

なぜなら関は一度も「スターバックス」という社名を出していないからである。

画面には緑と白で描かれた微笑む女性(人魚?)のロゴマークが大写しになっているが、社名の部分はモザイクで隠されているため、どこの会社かわからない(という建前)。

その企業のシアトルの本社ビルが映し出され、ビルの頂上にある『目』のモニュメントが置かれている、と関は主張し、「目はフリーメーソンのシンボルである」という話をする。

シアトルにあるスターバックス本社のビルには、ロゴマークの絵柄の上部一部分だけをきりとったオブジェクトが設置されている。

(Wikipedia ”Starbucks Center” の記事より)

関は「強い意志がないとあんな切り取り方しない。露骨に目のマーク」と言っているが、どこが露骨なんだろう。
上の写真やテレビの画面ではちゃんとうつされていないが、人魚のかぶっている冠までオブジェに再現されている。
こちらのブログの記事には同ビルの頂上を別の時間帯に写した画像があるが、冠までかぶっているのがわかる。
あれを目と誤認する方こそ、よっぽど強い意志が必要である。

有名なロゴマークは大きく映し出されており、ビルもまんまスターバックスなのだが、一度も名前は出していないから名誉棄損や誹謗中傷には当たらない、ということなのだろうか。

「スターバックスの世界進出の陰に秘密結社」「一等地に次々と出店するのはおかしい」などと関はいっているが、そこはスターバックスの努力の賜物だろう。

 

◆ビル・ゲイツの陰謀?

こっちはスターバックスのケースに比べるとはるかに巧みである。
より悪質ともいえる。

番組全体の流れでいうと、さもビル・ゲイツがワクチンを利用して人を死に至らしめることで、人口をコントロールしようとしているかのような印象を与えている。

だが相手は世界一の超金持ち。
迂闊なことを言って訴えられてはかなわないわけである。

で、テレビ東京がどういう手を使っているかというと、「ビル・ゲイツに関してウソをつかない」という方法を取っている。

ビル・ゲイツの活動や発言に関しては正確に、ゲイツ自身の意図したとおりの情報を発信する一方、他の情報をさしはさんで誤解させることで、視聴者にゲイツが陰謀を企んでいるかのように勘違いをさせかねないような内容にしているのだ。

実際の番組の流れで見てみるとこうである

  1. 関「そんなゲイツが悪魔のタネとは別に、我々人類に仕掛けている恐ろしい計画があるのです。それが、人間の種」
  2. 関「2010年、彼の口から驚くべき発言がされました」
  3. ゲイツ「世界の人口は現在68億人。近い将来90億人に達します。私達がワクチンや健康管理、そして生殖の問題に取り組めば、増加し続ける世界の人口を10%から15%に抑えることができるのです」
    ゲイツ「世界の人口は現在68億人。近い将来90億人に達します。もし私達がワクチンや健康管理、そして生殖の問題に取り組めば、増加し続ける世界の人口を10%から15%抑えることが出来ます」
    (2010年2月TEDビル・ゲイツ公式発言)
  4. 関「アメリカではこういわれています。ビル・ゲイツの真の目的、それはワクチンによる世界人口調整
  5. ゲイツ「私たちのこれから10年間の新たなワクチンの生産。またそれを必要とする子供達への供給に関して、大きな進歩を遂げることが出来ると信じています。成功すれば1年間で死亡する子供たちを900万人減らすことが出来ます」
    ゲイツ「私たちのこれから10年間の新たなワクチンの生産。またそれを必要とする子供達への供給に関して、大きな進歩を遂げることが出来ると信じています。成功すれば1年間で死亡する子供たちを900万人以上は減らすことが出来ます」
    (2011年2月「CNN]単独インタビューでのビル・ゲイツの発言)
  6. 関がワクチン反対運動家マイケル・ベルキン(Michael Belkin)氏に面会。ベルキン氏は「生後5週間の娘がワクチン接種後に死亡した」という話をする。
    ベルキン氏は娘の死後、ワクチンの必要性に疑問を投げかけ続けている。
  7. 関「ビル・ゲイツっていう人物が、ワクチンを使って世界の人口調整をしようとしているっていう噂があるんですけど」
  8. ベルキン「あるワクチンの開発者から直接聞きました。アフリカの象を増やさないため妊娠を抑制する、いわゆる不妊のワクチンを研究して成功したそうです。ですからMr.関 あなたが言ったことは現実的には可能ということです」
  9. ベルキン「アメリカ全土の病気を管理するCDC(病気管理センター)のトップが、今度は世界的な製薬会社のトップになり、その人物がビル・ゲイツのコンサルタントになりました。これが何を意味するか、あなたならわかるはずです」
  10. 製薬会社と手を組んだビル・ゲイツ。人間の種もコントロールされ、子孫を残せなくなってしまうのか。
  11. 今後ビル・ゲイツおこなう展開の鍵は、ビル&メリンダゲイツ財団という、医療病気様々な分野を支援する善意基金財団が握っている。
  12. この財団のビルを上空から見ると二つの「V」の字形の建物がみえるが、それはメーソンのシンボルであるコンパスと角定規を意味している。
    これはビルゲイツが自ら神になることを意図しているのか?「男」「女」を意味する二つの三角を交差させないことで「子孫を断たせる」という意味なのか?
  13. それとも地球規模の良心で人類に光をもたらすのか?
  14. 関「信じるか信じないかはあなた次第です」

わかるだろうか?
ゲイツに関してはウソをついていないのだ。

3のゲイツの発言など、陰謀論者であれば「ゲイツは人口を10から15%まで減らそうとしている!」とか英文を誤訳しそうなものだが、テレ東は「人口増加を抑制する」というゲイツの発言の趣旨を正確に紹介している。
また5の発言なども「死亡する子供たちを900万人減らす」という、善意の人の発言である。

また「ワクチンによる世界人口調整」という単語も巧みである。
ワクチンで世界の人口を減らすと言っているのではない、調整である
「調整」という言葉であれば、3のゲイツの発言の意図するところから外れず、かつ陰謀論者が「人口を減らそうとしている」と勝手に解釈することが出来るような仕向けることが出来る。
みごとな玉虫色の表現だ。

6から8までの関とベルキン氏のやりとりは、ワクチンというキーワードこそそれまでのゲイツの話と共通しているものの、実は全く関係のない話である。
ゲイツは人間の妊娠を抑制するワクチンをばらまいているわけではないだろう。
「現実的には可能」ということと、「現実にやっている」ということは別である。

9の発言は、「わかるはずです」と言われてもね……。
製薬関係者が、医療の慈善活動をしているゲイツのコンサルタントにつけば、彼の慈善活動に適切なアドバイスを送れるというだけの話だろう。

10、12ではきな臭いナレーションを流しているが、11と13でフォローを入れている。

この番組を見て「ビル・ゲイツはワクチンで世界の人口を減らそうと企む悪漢だ」と結論づける視聴者がいたら、それは番組の情報を正確に把握せずに勘違いしたためであり、局に責任はないとテレビ東京は言い逃れできるだろう。

信じるか信じないかはあなた次第です。
そして信じて憎悪を募らせるのは自己責任です。
関もテレ東も責任を持ってはくれない。

 

【2012/12/15 一部訂正】
ビルゲイツの発言の文字起こしで、不正確な箇所があったため、訂正します。

【誤】 ゲイツ「世界の人口は現在68億人。近い将来90億人に達します。私達がワクチンや健康管理、そして生殖の問題に取り組めば、増加し続ける世界の人口を10%から15%に抑えることができるのです」
【正】 ゲイツ「世界の人口は現在68億人。近い将来90億人に達します。もし私達がワクチンや健康管理、そして生殖の問題に取り組めば、増加し続ける世界の人口を10%から15%抑えることが出来ます」

【誤】 ゲイツ「私たちのこれから10年間の新たなワクチンの生産。またそれを必要とする子供達への供給に関して、大きな進歩を遂げることが出来ると信じています。成功すれば1年間で死亡する子供たちを900万人減らすことが出来ます」
【正】 ゲイツ「私たちのこれから10年間の新たなワクチンの生産。またそれを必要とする子供達への供給に関して、大きな進歩を遂げることが出来ると信じています。成功すれば1年間で死亡する子供たちを900万人以上は減らすことが出来ます」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中