Tの尻尾切り

独立党およびリチャード・コシミズ氏が新聞紙面を騒がせるのは1年ぶり2度目である。

米ユダヤ系団体、本紙掲載広告に抗議 産経・熊坂社長「おわびします」
【ロサンゼルス=中村将】産経新聞に掲載された広告をめぐり、ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」(本部・米ロサンゼルス)のエイブラハム・クーパー副所長は4日(日本時間5日)、産経新聞社の熊坂隆光社長宛てに抗議文を送付した。

同センターが問題視しているのは、11月26日付の東海・北陸版に掲載された「ネットジャーナリスト リチャード・コシミズがユダヤ独裁国家アメリカの謀略を暴く!!」と題した全面広告。コシミズ氏の寄稿とともに、発売中の3冊の本を紹介した。

これについて、クーパー氏は「これらの本はユダヤ人に対する危険極まりない虚言の流布」と指摘。「アンネ・フランクや150万人のユダヤの子供たちを含む600万人のユダヤ人が欧州で犠牲になった第二次世界大戦のナチスによるホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を否定するばかりか、著者は、ユダヤ人がマスメディアを操作し、非道な目的を達成するために世界の出来事や経済をも操っていると断言した。9・11(米中枢同時テロ)の惨禍から、日本の(東日本大震災の)津波の悲劇、北朝鮮の脅威にいたるまで、何らかの形でユダヤ人とイスラエルに関連づけている」と批判した。

その上で、広告を掲載した産経新聞に対しても、「真実を追求するジャーナリズムの責任を売り飛ばした」とし、「読者とユダヤコミュニティーに謝罪する義務がある」と抗議。「産経新聞に対し、あらゆる集団に対する憎悪を普及させる目的で紙面が使われることが二度とないよう、広告の掲載方針を見直し変更するよう強く要請する」としている。

 産経新聞社、熊坂隆光社長のコメントは以下の通り。

問題の広告が産経新聞11月26日付東海・北陸版(約5千部)に掲載されたのは事実であり、12月4日付でサイモン・ウィーゼンタール・センターのエイブラハム・クーパー副所長からの抗議文を受け取りました。

掲載に至る経緯は現在、社内で調査中ですが、広告審査手続きに欠陥があったことは明らかです。こうした内容の広告が掲載され、読者の手元に届けられてしまったことは極めて遺憾であり、読者とユダヤコミュニティーの皆様に深くおわびいたします。

 もとより、産経新聞社はナチス・ドイツによるホロコーストを許しがたい憎むべき犯罪ととらえておりますし、いわゆる謀略史観的考えにくみするものではありません。サイモン・ウィーゼンタール・センターの抗議を真摯(しんし)に受け止め、誠実に対応するとともに厳正に対処します。

(産経ニュース)

前回というか去年、自ら起こした不正選挙訴訟(行政訴訟)での大騒ぎを隠し撮りし、インターネット上に流出させるという方法で世間の耳目を集めようとした独立党であるが、この際には「リチャード・コシミズ」や「独立党」という名前が報道されることはなかった。

いまいちな結果に終わってしまった前回に比べると、今回はほかの報道機関もこの産経の失態を報じており、かなりの宣伝効果である。
もちろん、ユダヤ裏社会に支配されており、保守的な論調で中国との極東戦争をあおる役目を負っているはずの産経新聞が、裏社会が懸賞金をかけて暗殺したいと思っているはずのリチャード・コシミズの一面広告を掲載した、という矛盾に目をつぶればの話ではあるが。

◆産経新聞の平謝り

今回問題となった新聞広告がどのようなものか、リチャード氏はこの波に乗ろうと、積極的に紹介している。

これがユダヤ言論弾圧機関SWCがクレームをつけた産経新聞東海版全面広告です!

この広告で紹介されているのは「3.11 同時多発人工地震テロ」「12.16 不正選挙」「リチャード・コシミズの新しい歴史教科書」の3冊。
リチャード氏が自費出版で出していた本のうち、比較的新しい3冊である。
当ブログでも「リチャード小説」のカテゴリで紹介済みなので各本について詳述は避けるが、一番面白いのは「12.16 不正選挙」である。
小沢一郎に心酔していたころ(といっても最盛期は一昨年から去年の話)のリチャード氏が、「ユダヤ裏社会と戦う智謀の人 小沢一郎」という勝手な妄想の世界にふけりながらその勇姿をほめたたえた本である。

小沢一郎から心が離れ、「政治家はみんな裏社会の手下」というかつてのスタンスに戻っているリチャード氏の現在を踏まえたうえで読むと、なお面白い事と思う。

これら書籍の紹介のほか、反ユダヤ監視法、911陰謀論、不正選挙などの話題があらまし程度であるが書かれている。

こんな反ユダヤ主義に染まった広告を掲載してしまった産経新聞が、本当に平謝りするしかないのも無理はない。
内容のわからない、本のタイトルだけを広告するのとは違い、明確に911はユダヤ人が起こしたという文章をのせてしまったのである。
担当者はこの文章を載せてはまずいと考えなかったのだろうか?

産経新聞は全国紙であり、社としての政治的な信念に対して評価が分かれるとしても、情報の正しさに関して社会的な信頼と影響力を得ている報道機関である。
おなじような企画広告記事を載せたけど、抗議も何もなかった「日刊ゲンダイ」とは違うのだと、そういうプライドを持って今後は仕事にあたっていくべきだろう。

◆リチャード・コシミズの尻尾切り

リチャード氏はこの出来事を、自らを世間に売り込むチャンスと考えている。
数万~30万票を動かすことのできる影響力を持つと自認している人の考え方としてはおかしいのだが、現実が見えているともいえる。

大新聞が続々と「産経新聞 米ユダヤ系団体の抗議に謝罪 掲載の全面広告に反発」を記事に!
あぶらはむ・くうぱあさんと産経新聞のおかげでネット大感謝祭
共同通信のあぶらはむくうぱあさんの抗議記事が地方紙に転載される!
一機にRK言説を日本全国津々浦々に知らしめる偉業をユダヤ代弁機関のメディアの皆さんが

だが、リチャード氏はこの件をただチャンスとだけ受け止めていたのではない。
広告に関して抗議を受けた産経が、大本である自分に対して何らかのアクションを起こしてくるかもしれないと警戒もしていた。

リチャード氏自身のブログで、この件に一番最初に触れた記事にそれは顕れている。

産経新聞 米ユダヤ系団体の抗議に謝罪 掲載の全面広告に反発(RK書籍広告のことです!)

彼は現状に関して1~5の箇条書きで考えを述べているが、1で「産経からRKに電話一本ありません」と述べている。
おそらく、抗議や責任を問うような電話が来ると考えたのだろう。

しかし、サイモンウィーゼンタルセンターは産経が広告を掲載した事実を問題視したのだし、産経もあくまで「広告の審査に欠陥があった」という考えである。
リチャード氏のような民族主義的な陰謀論者がこの世に存在し、広告を出したいと希望する事自体は仕方ないこととしても、その差別思想丸出しの広告を全国紙が拒否せず掲載してしまったことが問題なのである。

さらに続く箇条書きの3~5では、自らが責任を問われればどの様なリアクションを取るのかを頼まれてもいないのに吐露しているが、これが実に「汚い大人」そのものである。

3.この広告はT氏が独自に企画したもので、「緊急の広告出稿の依頼を受け、産経新聞東海版11月26日朝刊に全面広告を打つことになりました」と11月24日に報告を受けていましたが、是非の返答などしていないまま、現在に至っています。べつにそれだけの話ですが。

4.記事冒頭の「全世界反ユダヤ主義監視法」云々の部分は、私RKの文章ではなく、T氏の作によるものです。(内容には特に大きな疑義はありませんでしたが。)

5.逆手に取って騒ぎを大きくします。では、反撃開始!

つまり、「自分の本の広告ではあるが、T氏が勝手に出したものだし、寄稿された文章も自分が書いたものじゃないから責任なんてとらない」ということである。
実際リチャード氏が責任を負わなくていい立場であるのかもしれないが、これを早々に公に宣言し、責任をT氏に丸投げするあたり見事な尻尾切りである。

まさに外道 ”というほかないのだが、これまでも彼を信奉して彼の主張を広める為に軽犯罪まで犯している人間が出ていることを、今回初めてリチャード・コシミズの名前に関心をもった人には知っておいてほしい。

彼らは小ぶりだが、確かなカルト集団なのである。

≪参考記事≫

米ユダヤ系団体、本誌掲載広告に抗議 産経・熊坂社長「おわびします」』(産経ニュース)

産経新聞 米ユダヤ系団体の抗議に謝罪 掲載の全面広告に反発(RK書籍広告のことです!)
これがユダヤ言論弾圧機関SWCがクレームをつけた産経新聞東海版全面広告です!
「産経新聞 米ユダヤ系団体の抗議に謝罪 掲載の全面広告に反発」この記事、さっそく削除されている。
大新聞が続々と「産経新聞 米ユダヤ系団体の抗議に謝罪 掲載の全面広告に反発」を記事に!
ユダヤ言論弾圧機関SWCのあぶらはむ・くうぱあさんに質問状です。
あぶらはむ・くうぱあさんと産経新聞のおかげでネット大感謝祭
共同通信のあぶらはむくうぱあさんの抗議記事が地方紙に転載される!
一機にRK言説を日本全国津々浦々に知らしめる偉業をユダヤ代弁機関のメディアの皆さんが

広告

“Tの尻尾切り” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中