独立党のエクソダス

リチャード・コシミズブログが、BIGLOBEを追放された。

当ブログでの多くのリンクが喪失され、大変面倒なことになってしまった。

今回はその件について。

※この記事で貼っている引用記事については、リチャード・コシミズブログがアカウント停止で消失したのちに、独立党の有志の手によって作られたミラーサイトがリンクされています。
ミラー作成時の作業の影響と思われますが、かつてのブログで「richardkoshimizu’s blog」となっていた部分は「dokudaminoheya’s blog」と置き換えられています。

◆今更ながら、名誉棄損とか個人情報とか

もともとリチャード・コシミズブログでは、名誉棄損やら個人情報保護の観点から問題の多かったブログである。

名誉棄損については有名な政治家などにたいする侮辱表現はもちろんのこと、かつての党員を工作員認定した暁には「金、女、薬におぼれて独立党を裏切った」と散々な記事を書かれ、コメント欄ではその波に乗っかる党員たちが宴もたけなわという状態である。
党員の悪口を、それまでの付き合いから得られていた個人情報も駆使してあしざまに書きまくる。
長いこと独立党に嫌がられる立場にいるであろう当ブログの方がよっぽどマシな扱いを受けているといっていいだろう(そもそも、リチャード・コシミズブログで当ブログが話題に上がること自体が数えるほどしかないのだが)。

個人情報については、講演会の後に自分に絡んできた怪しげな人物の名刺をブログで公開したり、RKに直接電話してきておかしなことを言う女性の連絡先の番号をブログで公開したりしていた。
それらの行為に関しては、当然ながらブログを運営するBIGLOBEを通して抗議が寄せられ、個人情報を隠した形で公開しなおすという措置が取られてきた(なかには公開された本人から抗議が来ず、そのまま公開され続けているというケースもある)。

 

◆BIGLOBEからの措置

リチャード・コシミズブログがアカウント停止となったのは、名誉棄損と個人情報公開の両方が直接の原因であり、その両方の行為をBIGLOBEに訴えたのはCHORYO氏やバレバレ氏のようである。
つまり、これは今年になって始まったリチャード氏に対する民事訴訟を引き起こした諍いの延長線上に起きたことである。

名誉棄損に関しては、『「個人名を出して覚せい剤中毒と言っています。名誉毀損されております」』の記事に書かれているが、タイトルの通りのままの訴えがBIGLOBEに寄せられたということである。
同記事の末に赤字で記事の一部を削除した旨の分があるが、RKブログの多数の記事において同じ削除を報告する文章が記載されている。
削除されたのはCHORYO氏に対して書かれた挑発的な文章で、「CHORYO氏は薬物をやってると書かれたのは名誉棄損だから訴えると言っていたが、まだ訴状が来ない」というような内容で、訴状が来ないということはCHORYO氏は本当に薬物をやっているのだ、とほのめかすような内容である。

個人情報については民事訴訟に関する報告をするうえでリチャード氏が公開した訴状が問題となった。
訴状には原告・被告両者の名前と住所が記載されており、この上なく個人情報が保護されていない状態である。
リチャード氏としては、自分のところにきたものは公開してもいいだろうという認識だったのかもしれないが、訴状を被告が目にするのと、訴訟と関係ない不特定多数の第三者が目にするのでは次元が違う。

結局『そんなに焦らないでもいいのではないか? 』において報告がされているが、多量の記事が個人情報公開のため公開停止となっている。

 

◆BIGLOBEへの抗議

CHORYO氏、バレバレ氏らによると思われる訴えをうけ、BIGLOBEは規約に基づきリチャード氏へ訂正・削除の要請をだし、また一部の記事は公開停止の措置をとった。
運営会社としては人権侵害をほう助したかどで訴えられるのなど御免だろうから、法律的な問題が発生する数歩手前でブレーキがかかるように適用できるように規約を設定するだろうし、規約違反が指摘されれば速やかに対応するだろう。

しかし、そんなBIGLOBE側の事情はリチャード氏には関係がない。
リチャード氏はこのBIGLOBEの対応に不満爆発、カスタマーサポートに抗議のメールを送ったという。

今回の大量の一括公開停止措置、大変驚きました。
10年近くの間、BIGLOBEにお世話になり、ほぼ一貫してアクセストップの座を維持している私のブログに対して、このような一方的な措置が取られたのは、今回が始めてです。
公開停止をBIGLOBEに要求したのは、民事訴訟 平成28年(ワ)第1762号にて係争中の相手であり、BIGLOBEが、これらの記事を公開停止としたことにより、重大な裁判証拠が隠蔽されました。
プライバシーの侵害を名目にした「証拠隠し」にBIGLOBEが加担したことになります。裁判案件は、訴状なども原則公開が許されるもので、プライバシーには相当しません。
本件は、当該裁判に重大な影響を及ぼすため、一端は、公開停止を解き、各記事について、具体的にどの部分が第三者のプライバシーを侵害するのか明確にしたうえで、通常通りの措置を経て対応いただくよう、強く要望いたします。各記事から個人名を佐久h所する用意もあります。
本件は、適切なご対応をいただくため、貴社経営幹部にもお願いをさせていただきます。
リチャード・コシンミズ
(『こんなメールをBIGLOBE戸川さんに送りました。 』)

10年間くらいランキングアクセストップとしてやってきた自分に何たる真似だという、ひどく傲慢な書き出しである。
そして削除されたブログ記事は裁判に関わるものだから、証拠の隠匿だとかなんとか書いているが、正直訴訟に使えるとは思えない記事や訴状そのものをアップロードしただけの記事なども入っている(そもそも証拠として提出するなら印刷するのが基本だろう)。
BIGLOBEの経営幹部にも訴えるぞ!と文章を締め、怒りのほどが伝わってくる(実際、社長にメールをしたらしい)。
しかしながら、最後の最後、「コシンミズ」という署名の誤記でオチがつけられている。
リチャード氏には八百万の神がついているらしいが、とりあえずのところのその存在感を見せつけているのは笑いの神である。

続く『2016年8月11日AM5時現在のrichardkoshimizu’s blogの状況です。 』の記事では、改めて自分のブログが注目を集めているのかを掲載し、『BIGLOBEに聞いてみたいことがあったら、↓カスタマーサービスが受け付けてくれるみたいです。』では、党員を煽ってカスタマーサービスにメールを殺到させ、自分のブログが如何に大きな影響力を持っているのか見せつけようとしている。

自分のアクセスランキングの高さ、影響力を誇示すれば、たとえBIGLOBEの会長兼社長といえども平身低頭して措置を撤回するに違いないと思ったのかもしれない。
しかし、アクセス数が多いからと言って、それで規約違反を見過ごすわけにもいかないだろう。
むしろこんな迷惑なことを呼び掛けるユーザーなど、些細な規約違反でもいいからこじつけて追い出したいくらいではないのか?

 

結局、努力の甲斐もなく(実を結ぶとも思えなかったが)、RKはブログは9月7日に閉鎖され、ブログはWordPressへと移動となった。
移転にあたっての引っ越し作業は行われなかったため、過去記事については一時的に消失したが、のちに有志の手によってミラーサイトが作られた(ただし、9月2日までの記事となっており、ごく一部だが残されていない記事もある)。

移転を終え、新デザインのブログを旧ブログよりも読みやすくなったと絶賛し、ミラーサイトの完成に「RK独立党は、無敵です」と喜びのコメントを残すリチャード氏。

実際には、BIGLOBEの利用規約にさえ勝てずに敗走しただけである。

【2016/9/20一部訂正】
リチャード氏がブログ記事の末尾に記載していた挑発的な文章はCHORYO氏に対するものであったため訂正しました。

また、BIGLOBEに記事の削除・訂正等を求めたのが誰なのかについては確証がないため、表現を一部変更しました。
ただ、ブログアカウント停止前にBIGLOBEが削除した記事は、バレバレ氏とCHORYO氏の関わるものであるため、両氏によるものではないかと考えています。


《参考記事》

え、なんだって?意味がよくわからないのですが…..
「個人名を出して覚せい剤中毒と言っています。名誉毀損されております」
はい、個人名を消しました。
また、Biglobeからメールが来ました。凡そ、以下の内容です。
そんなに焦らないでもいいのではないか?
こんなメールをBIGLOBE戸川さんに送りました。
BIGLOBE会長兼社長の 中川 勝博 様に善処をお願いしました。
2016年8月11日AM5時現在のdokudaminoheya’s blogの状況です。
BIGLOBEに聞いてみたいことがあったら、↓カスタマーサービスが受け付けてくれるみたいです。

旧RKブログ保存版 ー旧ブログのミラー

richardkoshimizu official website ー新ブログ

広告

「独立党のエクソダス」への4件のフィードバック

  1. 自分たちの行動、投稿が問題になったのに、それを他人の責任にする人達ですね。

    僕も一度、やつのBlog内で投稿内容をUpさせられた事があります。FacebookのPageまで。その後、FacebookのPageを変更しました。

    すごい、気持ちの悪い人達だとは思ってました。

    やつら、日本語でオバマ大統領、ヒラリー氏などのことを書いてるからアメリカ連邦政府からお咎めないですが、でも、確実にアメリカ連邦政府から告訴されてもおかしく無い状況です。

    もしかしたら、アメリカ連邦政府も、気がついてる可能性はあります。

    まあ、本当、気持ちの悪い人達であることは確かです。

    1. RKの最近の大統領選に関する放言(「ヒラリーが死んでいて、映像はCG」などといった話)は、辿っていくと海外の陰謀論系サイトやタブロイド紙が元なんですね。
      ですが、それらのデマ発信者に対して候補者らが厳しい態度に出たという話も聞きませんし、公人であれば結構よくあることなのかもしれません。

  2. 鉄人堂妄語録があまりコシミズのブログに掲載されないとのことですが、「リチャード・コシミズ」とGoogle検索するとすぐに出てきますし、コシミズが知らないわけはないと思うんですよね。
    だから触れない理由は「反論が的確すぎて何も再反論できない」か「コシミズが馬鹿すぎてzingorohさんの文章を理解できず、スルーしているか」のどちらかだと思われます。
    前者だとしたらいつもの威勢のよさも論理だった検証の前には全く形無しということだし、後者だとしたらコシミズの病気も重症だということですね。
    まあ、都合の悪いことはすぐ忘れる脳みそのようですし、見た傍からすぐ忘れてるんでしょうが。
    いずれにせよ、このブログはコシミズのみならず陰謀論者全員に見せたいほどよくできていると思います。これからも頑張ってください。

    1. コメントありがとうございます。
      リチャード氏があまりこちらに触れてこない理由は、私が「ネット上の不特定の誰か」だからなのが大きいかと考えています。

      リチャード氏は陰謀を働く「敵」個人に対しては、とにかく暴言の類をぶつけるのが得意ですが、それは個人情報が色々と公開されている有名人か自分が個人的に知っているからできることで、知らない人については何もできないんですよね。
      また、私はRKブログにしつこく罵倒コメントを書き込んだりしていませんので、「ヤク中だ」なんだという攻撃もしにくいのだと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中