カテゴリー別アーカイブ: 本

別の本の話

当ブログを見てくださる方の中に、リチャード氏の新刊『リチャード・コシミズの新しい歴史教科書』に関する記事を期待してくださっている方がいるとは思うのだが、中古本が安く手に入らないので、まだ入手すらしていない状態である。

そんなわけで今回は別の本、泉パウロ著『本当かデマか 3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証』について。

以前の記事で書いたとおり今年のトンデモ本大賞に輝いてしまうような本なので、デタラメなだけでなく爆笑ものな記述がかなり多い本ではある(ただし所詮はトンデモ本なので、大して面白くもなんともない箇所もかなりある。ただただ笑いたいのならギャグ漫画を読んだ方がいい)。

感想をひとことでいうと、「カオス」である。
とにかくいろんな情報をいろんなところ(おそらくはネットが大半だと思うのだが)から引っ張ってきて、それらが全く整理されていないという感じである。

 

◆はっきりしない黒幕

当ブログでウォッチングしているリチャード氏は世界の黒幕にユダヤ人を名指しし、言葉の限りの悪態をついている。
ドン引きモノの行為といえばそうなんだが、もしリチャード氏の言っていることが事実であるならば確かにそのように怒りをぶつけたりするのはわからないのでもない(事実ではないから問題なんだが)。

それに比べると泉氏の本の中では「これが黒幕なんだ!」という明確な名指しがいまいちない。

 

どうやらユダヤ人が悪役という設定になっているのはわかる。
ユダヤ人に関する記述はそれなりに分量を割いているし、本の中で「シオン賢老の議定書」(邦題はいろいろとつけられているが、この本ではこう書いている)やら「ゴイム」や「ディアスポラ(離散)」に関する文章がでてきたりする。

しかしながら、フリーメーソンもどうやら同様に悪役で、どちらが上位組織なのかとかがはっきりしていない。

かと思えば196ページにはロックフェラー一族について紹介した文章が書かれている。
このロックフェラー家が上記の2つとどのように関連しているかもはっきりしない。
しかも同ページはなぜか「三百人委員会」を頂点とした組織図が何の説明も注釈も無く記載されていて、ますます混迷を極める。一体どの組織を告発したいのだろうか。

本書ではたびたび「サタン」の名前が出てくるが、これがあくまで悪人たちを便宜的にそう呼んでいるだけなのか、本当に悪魔が実在して悪事を働いていると考えているのかもよくわからない。

 

◆めちゃくちゃな情報

著者、泉パウロ氏にとっての情報源はネットが多いというのはわかる。
なぜならリチャード氏の主張の非常に多くがこの本に取り込まれているからである。

リチャード氏がこの本を「パクリ本」と表現した気持ちも理解できてしまうくらい多い。
「定点人工地震説」や「『ちきゅう』関係者の人工地震発言」、はては「純粋水爆説」まで何食わぬ顔で登場する。純粋水爆が存在する可能性を何一つ考慮に入れず書いてあるあたり、図太いというか鵜呑みにもほどがあるというか……。

もちろん著者が鵜呑みにしているのはリチャード氏だけではない。
それこそが今年のトンデモ本大賞を受賞した秘訣だろう。

テレビCMや映画(それも20年近く前のものまである)の映像や、聖書の暗号、イルミナティカード、個人的に送られてきた手紙など、普通の人だったら相手にしそうにない雑多な情報を遠慮なく詰め込んだ感じだ。

ただあまり深く考えずにいろんな情報をとにかく入れた感じはつよく、所によって矛盾してたり明らかに間違ってる箇所があったりする。

・プロジェクトシールが無茶苦茶
リチャード氏があつかった関係で、当ブログでも触れたことのある「プロジェクト・シール」とOSSの作った「対日心理作戦計画」がこの本にも登場するのだが、この二つがごっちゃになっている。

35ページでは「THE FINAL REPORT OF PROJECT “SEAL”」(当ブログ記事『Project "SEAL" を読もう』参照)が、OSSの「対日心理作戦計画」の一つとして「封印計画の最終報告書」なんて邦題をつけて紹介されている。

ところが、これとは別に46-47ページでは「30mを超える津波発生に成功――津波爆弾「プロジェクト・シール」とは?」なんて記事も書かれており、完全に別のネタとして扱われている。
報告書のタイトルで「THE FINAL REPORT OF PROJECT “SEAL”」=「プロジェクト・シール最終報告書」と気づかなかったのだろうか?だとすればマヌケにもほどがある。

・皇族が嫌いなのか誇りなのか
天皇家に対する記述では誤りというより矛盾を起こしている。

199-201ページにかけて引用されている記事は、天皇家が武器の密輸や売春で蓄財していたとか天皇家こそ日本民族の敵であるといったかなりアブない主張をしている。

引用している以上は著者である泉氏もおなじスタンスなのかと思いきや、このすぐ後の205ページからは日ユ同祖論がはじまり、天皇こそがヘダビデの正統な血を引いていると持ち上げている。褒めたいのか貶したいのかどっちなんだ。

・放射能について
福島原発から漏れた放射能の問題についても、統一が図られているとは言い難い。

147ページでは福島原発から燃料棒が事前に抜き取られていた、というリチャード氏の「エアーメルトダウン」説を取り上げ(この本においてリチャード氏は引用元としてまったく紹介されていないし、名前が出て来ることすらない。不憫)、関連する報道を「民衆をあおるプロパガンダ」と表現している。

ということは、著者は福島やその他の地域において放射線の危険性は低いという認識なのかというと、これがまたおかしくなってくる。

156ページからはじまる「日本は今、タイタニック沈没状態・・・・・・」では、政府高官や議員たちが国民に放射能の危機を知らせずに自分たちだけ安全な所へと逃げていると非難している。
安全なのか危険なのか、どっちだ。

この他にもマグナBSPがアメリカ104か所の原発を建設していたり(警備システムメーカーのマグナ社が原発を建設しているわけはないし、104というのはアメリカにある原子炉の数であって発電所の数ではない)、「宇宙戦艦ヤマト」が全米大ヒットしていたりもする。

 

◆陰謀に相乗りしてみる著者

こんな「雑な」行為が目立つ泉氏。

311に引き続いて411にも地震が起こし、それによる株価の変動で悪者たちがひと儲けするに違いないと考え、それに乗っかることで陰謀を証明しようと考え、プットオプションを試みたという。

結果としてこの試みは成功し、50万円ほどの利益を出したという。倫理的にそれでいいのか。

だがもちろん、単に泉氏の運が良かっただけかもしれず、陰謀があった証拠には全くならない。
震災後の余震は4月11に限らず起きていたし、そのなかには4月11日の地震に匹敵する揺れの地震もあった。
そんな余震が起きるたびに株価が下がる企業というのは考えにくい。
泉氏の考える通り、地震を利用した株の不正な取引があるのなら、泉氏が目をつけた銘柄を大量に取引した人間がいたのかを調べる必要があるだろう。

泉氏は自分の妻を説得したくてこの株取引を行ったようだが、本文の顛末を読む限り、説得は失敗に終わったようである。

 

以上が私がこの本を読んで面白かったりイラッときたりした箇所である。
この他の内容はというと、聖書の記述の話やテレビ宣教師の話、祈りの話など、伝道目的であることがよくわかるもので、はっきり言ってつまらない。

バカバカし過ぎる説から、矛盾した話まで同時に存在するこの本の内容の混沌とした様相は、もしかしたら陰謀論を「客」として信じている人間の頭の中の縮図なのかもしれないと、そう思った次第である。


《参考図書》

※タイトルには「衝撃検証」と書いてあるが検証はしていない。鵜呑みにしているだけである。

広告

2011年の名著

2012年6月9日に『トンデモ本大賞2012』が開催されました。

ここ数年参加していたのですが、今年はチケットがすぐに売り切れとなってしまったため、ニコニコ生放送で視聴することとなりました。

毎年本を出版するおかげで、リチャード氏の本も候補作として毎年カウントはされているのでしょうが、『小説911』でのノミネート以来、残念ながらトンデモ本大賞の会場で紹介されることはありませんでした。

そして今年。
昨年の地震に関連して、いわゆる「人工地震モノ」の多数出たわけですが、同じジャンルで何作もノミネートされる可能性は低いため(基準が設けられているわけではありませんが、心情的に)、このジャンルからは1作しか出ないだろうなと踏んでいました。

そうなると(トンデモ本としての)他のジャンルに比べると、ライバルが少し多いわけで、「人工地震モノ」の中でも群を抜いてバカな内容でなくてはいけないわけです。

その結果か、『311同時多発人工地震テロ』はノミネートされませんでした。残念。

 

人工地震をネタにした本でノミネートされたのはこちらの本。

会場とニコ生視聴者から高い支持を受け、2012年のトンデモ本大賞をかっさらってしまいました。
おめでとう!

 

内容はというと、リチャード氏をはるかに超えるバカバカしさ。
「ACは公共広告機構の略ではなく、アンチ・キリストの略」だとか「ターミネーターの映画のワンシーンに911の日付がある(実際には車両の高さ制限の数値)」とか、「ペ・ヨンジュンと水の飲み方が同じなので、菅直人は韓国人」だとか、抱腹絶倒な奇説が詰め込まれた一冊となっているようです。
とくに眼鏡市場の眼鏡の一式価格15,750円の数字を分解して足すと、1+5+7+5+0=18 つまり666になる」は最高でした。
この手の数字遊びがいかに無意味なものかよくわかります。

ただ、これがすべて泉パウロ氏のオリジナルな主張かというとそれは疑わしく、「『読まずに』検証!本当かデマか 3・11[人工地震説の根拠]衝撃検証本の件」で指摘されている通り、検索エンジン使って見つけてきたネタを節操なく鵜呑みしたものがかなりの部分を占めているようにも思われます。

しかし、その節操のなさがむしろトンデモ本としての評価を高め(正直リチャード氏がまともに思えてくるほどです)、結果としてリチャード・コシミズ、ベンジャミン・フルフォードなどおなじみの面々を抑えてのノミネートにつながったのでしょう。

まあ、機会があったら読んでみようと思います。このブログで話題に上げるかはわかりません。

 

2012年6月20日に発刊予定の新作『リチャード・コシミズの新しい歴史教科書』は、果たして来年ノミネートされるでしょうか。
うーん、むずかしそう。

 


トンデモ本大賞2012のほかの候補作は、以下の通り。

エル・カンターレを2年連続ノミネートに導いたこの本は、大川親子の漫才風のやり取りがなんだか微笑ましい内容の一冊。
ちなみに大川総裁は、2009年11月23日から2010年11月10日までの1年間52冊の書籍を発刊したため、ギネス世界記録を取得しています。
週刊誌でも合併号などがあるため、年間に50冊くらいしか出てないんですけど。

 

本文がすべて短歌調(しかも字数があまり守れていない)で書かれているという一大叙事詩。
アブダクション(誘拐)によって記憶が1日単位で消えてるせいで、学校に持っていく教科書を間違えたり、タイムカードがおされてなかったりするそうです。
でも宇宙人にさらわれてその程度の害で済むならいいような気もします。

 

ノストラダムス本の中で最多ページ数を更新するほど分厚く、定価4,300円もするという高価な書籍。
日本のノストラダムス研究者としては珍しく、フランス語が読めるという稀有な人材ですが、この手の研究にありがちな超強引な解釈と、原文から大きくかけ離れた和訳で予言書の解釈を連発しています。

人工地震説検証本が出ましたね

タイトルの通り人工地震説を検証してる本が出版されました。

これまでも超常現象やオカルト、陰謀論、超古代史などの怪しげな話を調査して検証を出してきたASIOSの新刊。

人工地震説だけでなく、原発や放射線に関する“独自の”解説などで急にもてはやされるようになった人たちの発言の信憑性についてなども検証しています。

この本の中でリチャード・コシミズ氏の説もばっちり検証対象となっています。それも1番最初。

ただ、一つの記事に割けるページ数が限られている関係で、『3.11同時多発人工地震テロ』の表紙とその本が紹介されている「東日本大震災は「地震兵器」により引き起こされた!?」の記事はあくまで人工地震についての解説、人工地震兵器の非合理性について述べているだけにとどまっており、これだけでは少々食い足りない感じでした。

というか、「非合理だろうがなんだろうがやつらはやったんだ!」と強弁してしまえばそれまでというところもあります。
リチャード氏はユダヤ人が旧約聖書に対する狂信的な信念から陰謀を企んでいるといってるので、相手の行動に合理性がなくても一向に構わないでしょう。

しかし、実のところリチャード・コシミズ人工地震説の検証として読む価値のある記事は、むしろこの後に控えているといえます。

人工地震説の検証をした第1章には7つの記事がありますが、最初に紹介した「東日本大震災は「地震兵器」により引き起こされた!?」のほかに、「深さ10kmで起きる地震は人工地震?」、「小説『GEQ』(柴田哲孝著)で描かれた世界は真実である?」、「[コラム]陰謀論者の注目の的? 地球深部探査船「ちきゅう」の本当の話」など3つの記事で、リチャード氏が『3.11同時多発人工地震テロ』で提唱していた説について反論した形になっています。

これらの記事の内容については当ブログで書いた記事と重なるところもありますが、はるかにしっかりした科学知識と取材をベースとして書かれており、とても参考になります。

「深さ10kmで起きる地震は人工地震?」の記事では大地震の震源の深さについての詳しい解説が、「小説『GEQ』(柴田哲孝著)で描かれた世界は真実である?」では山本理論について解説が書かれています。

「[コラム]陰謀論者の注目の的? 地球深部探査船「ちきゅう」の本当の話」では、「ちきゅう」がどんな船であるか、どんな科学的な発見を成し遂げ貢献してきたかが紹介される一方で、人工地震説に踊らされた人たちが「ちきゅう」関係者にどんな迷惑をかけていたのかも出てきます。

この後に続く第2章では、武田邦彦氏や小出裕章氏の話の信ぴょう性などを検証しており、ホルミシス効果を支持し、低線量被曝の危険を訴えている両氏をたたきたいと思っているであろうリチャード氏にとっても参考になる記事が書かれています。
とはいえ、第1章の内容が内容なので、この本をもろに取り上げて語ることは厳しいでしょうが。

定価1,470円。
『3.11同時多発人工地震テロ』(2,000円)よりも安くて良い本です。

本のさらに詳しい内容についてはASIOSブログ記事「新刊『検証 大震災の予言・陰謀論』が出ます」を参照してください。